FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

財界人物我観

福沢諭吉の婿養子で、実業家の福沢桃介が書いた『財界人物我観』(図書出版社)を読みました。  巻末の『「財界人物我観」跋(ばつ・・・あとがき)』から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『(1)青年諸君!  (三菱財閥の祖)岩崎弥太郎、(安田財閥の祖)安田善次郎論を読んで、いたずらに、その富の大なるに驚き、自ら不及の嘆声を発するなかれ。  (中略)  心掛け次第・勉強次第で、普通の人間ならば、容易に成功の登竜門に入ることができるのだ。


(2)さて、その心掛けというのは・・・・・・

1.倹約たるべきこと。・・・要は、金銭はもちろん、物を浪費せざるにある。  金を愛するがゆえに金が集まるのだ。  せっかく、一の金ができたのにこれをパッパ追い出せば、他の金がこれを見て、あの人の所に行ってもすぐ追い出されるから行くのはやめる、となる。

2.計数を基礎とすること。・・・ばくぜんとやった事業商売は、あるいは「チャンス」にぶつかって、一時は花の咲くこともあろうが、結局は失敗に終わるものだ。  反対に、数字に立脚したものは、一時は難局に立つことがあっても、必ず成功する。

3.幸運を祈るべきこと。・・・①いかに焦っても、もがいても、運が伴わなければ成功するものではない。   ところで、この運はどうしてつかめるか。  答えは極めて簡単だ。  (家業の酒造業と、海運業で巨富を築いた)辰馬吉左衛門のように方位学を研究するか、神仏を信仰するにある。  (中略)  

②神仏を礼拝せざる家庭、無宗教の国家で繁栄した例がない。  青年諸君、決して神仏を軽べつするなかれ。  方位に逆らうなかれ。  これ私の熱心に忠告して止まざるところだ。

4.富をなすの要素は利に利を積むにあり。・・・①  (前略)  サラリーマンでも小商人でも、倹約してその余った金をもって株なり、土地なりに投資し、この利に利を積んで富をつくる道を忘れてはならぬ。  

②だが、不幸にして我が国の将来は株式や土地に投資して、これまで通りの利殖を上げうるや否やは、大いに疑問だ。  私は、むしろ読者諸兄に、今後いかにすれば有利に積利しうるかを聞きたいと思う。


(3)①大胆とか、太っ腹とか、また利口とかは、断じて財界において成功する要素ではない。  否、むしろ害になる。  (破綻した鈴木商店の経営者)鈴木直吉が失敗した原因は種々あろうがあろうが、彼の大胆太っ腹が原因をなしたのだ。

②徳川家康が、ある時、陣に臨んで丸木橋にかかった時、馬から降りて馬の手綱を手に持って徒歩で渡った。  心なきものは、その臆病をあざ笑ったが、この臆病、この用心堅固こそ、後年家康をして天下を取らしめたのである。  

③人殺しを商売とする戦国時代においてすら大胆は無用だ。  いわんや、ソロバンを基礎とする平和な財界においておや。』

TOP↑

明るい空気

『現代組織に活かす 海軍の「士官心得」』(上村嵐著 プレジデント社)を読みました。  「明るい空気を漂わせろ!」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①仕事に対する考えは人それぞれですが、できればなるべく楽しみながら、明るい雰囲気のもとでしたいものですね。

②楽しみながらとは不謹慎な、というお叱りを受けるかもしれませんが、なにもワイワイおしゃべりしながら仕事をするのではありません。  仕事には辛いこと、苦しいことがたくさんあります。  もし仕事が楽しんでできれば、こうした嫌な思いをしても我慢できるじゃないですか。  (中略)

③「仕事を楽しむ」ためにはいろいろな条件が考えられますが、まず一番なのが明るい雰囲気ではないでしょうか?  どんなに好きな仕事でも、クラ~イ職場ではやってられませんよね。  雰囲気ひとつで、職場はがらっと変わりますからね。

④この雰囲気という目に見えないものは、誰がつくり出すのかというと、やはり人間、しかもその職場のトップでしょう。  これは私の経験からいえるのですが、トップが明るい人だと、その職場も自然と明るく、エネルギッシュなものになります。  ところがトップが代わって陰気な人になりますと、これがあの明るかった職場かと驚くほどに様変わりします。  実にはっきりとしたものですね。  (中略)

⑤私は太平洋戦争が始まる前、潜水艦に乗っていました。  ご存知のように、潜水艦は戦艦などと違って艦自体はとても小さいものです。  ですからチームワークを非常に要求されるのですが、あいにく私は、あまり嬉しくない艦長とここでめぐりあってしまいました。  いま考えますと、けっして人間的に悪い人ではなかったのですが、とにもかくにもコマカイ人でした。  (中略)

⑥この艦長の下、日に日に乗員の士気は衰え、艦長の指示も形だけ守られるというような、最悪の雰囲気になっていきました。  ですから、この艦長の下から離れて転勤したときは、嬉しかったですねえ。  セイセイしましたよ。

⑦人の上に立つべき人は、せめて明るい職場にすることだけでも心がけてほしいものです。  明るければ、とりあえず救いがありますからね。』

支部内の常設道場の壁には、次のような「城西のチームカルチャー」を掲示しています。

「①どこよりも創意工夫する

②どこよりも練習する

③どこよりも楽しんでやる」

「世界中で一番きつい稽古を、世界中で一番楽しんでやる」というのが私の究極の理想です。

TOP↑

ダム経営

1.「ダム経営」という言葉があります。  パナソニック創業者の松下幸之助さんが提唱した経営哲学です。

『松下幸之助用語』というサイトから抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①事業経営は、いついかなるときでも健全に発展していかなければならないが、現実にはさまざまな経済要因に左右されてなかなか難しい。

②しかし、松下幸之助は「それはやり方次第で可能なこと」という。  その一つの方法が「ダム経営」である。

③ダムは河川の水をせき止め、蓄えることによって、季節や天候などに影響されることなく、つねに一定量の水の供給を可能にする。  そのダムのごとく経営にも設備、資金、人員、在庫、技術、企画や製品開発など、あらゆる分野に的確な見通しに基づいた適正な余裕をもてばよいというのである。

④この余裕は一見ムダのようにみえる。  しかし、このムダは、経営の安定的な発展を保証する保険料なのだ。』


2.京セラ創業者の稲盛和夫さんが若い頃、講演会で松下さんの「ダム経営」の話を聴き大変感銘を受けたという、有名なエピソードがあります。  松下さんの側近だった江口克彦さんが、2017年9月28日の『東洋経済オンライン』に書かれていたので、抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①かつてこのようなエピソードを稲盛氏自身から直接聞いたことがあります。  松下幸之助さんが、関西財界セミナーで「ダム経営」の必要性の内容の講演をしました。  もういまから50年近く以前の話です。  (中略)

②それを聞いて参加していた何百人という中小の経営者たちは、小声で不満をささやき合っていた。  それが後方の席にいた稲盛氏にはよくわかったと言います。

③講演が終わって質疑応答の時間になったとき一人の参加者が、「ダム式経営ができれば確かに理想です。  しかし、現実にはできない。  どうしたらそれができるのか、その方法を教えていただきたい」と質問しました。

④これに対して松下さんは苦笑を浮かべ一瞬の間をおいてから、ポツリと「ダムをつくろうと強く思わんといかんですなあ。  願い念じることが大事ですわ」。  会場全体に失笑が広がりますが、その松下さんの言葉に稲盛氏は、体に電流が走るような衝撃を受けて、なかば茫然として我を失ったそうです。

⑤稲盛氏がなぜに茫然としたのか、我を失ったのか。  それは経営というものへの思いを反省したからです。  言われてみれば、いまの自分は経営を上手に進めたいとは思っているけれど、強く願い念ずる、それほどの思いはなかった。  強烈な祈りを込めるほどの熱意はなかった。  

⑥そうか、そうなのか。  祈り念ずるほどの強烈な思い、強い熱意が出発点なのか。  よし、今日からその思いで経営に取り組んでいこう。  まあ、今日の京セラがあるのは松下さんのおかげです、といかにも稲盛氏らしく謙虚な話をしてくれました。

⑦なにごとでもそうですが、念じ祈るほどの思いや魂を込めるほどの思いがなければ、そして、そのような出発点でなければ、事は成就しない、経営は成功しないということは、経営者たる者、しっかりと心に留めておくことが大事ではないかと思います。』

私が経営者になってもうすぐ42年が経ちます。  今回の新型コロナ騒ぎのときほど、「ダム経営」の重要性を感じたことはありません。  


3.明日、6月1日(月)から待ちに待った道場再開です。  本当に嬉しいです(^^)/

普通に道場稽古が行われていることの有難みを、今回感じることができました。

オンライン稽古に参加していただいた多くの会員の皆さん、稽古を担当した指導員に心から感謝します。    

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT