FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

ダム経営

1.「ダム経営」という言葉があります。  パナソニック創業者の松下幸之助さんが提唱した経営哲学です。

『松下幸之助用語』というサイトから抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①事業経営は、いついかなるときでも健全に発展していかなければならないが、現実にはさまざまな経済要因に左右されてなかなか難しい。

②しかし、松下幸之助は「それはやり方次第で可能なこと」という。  その一つの方法が「ダム経営」である。

③ダムは河川の水をせき止め、蓄えることによって、季節や天候などに影響されることなく、つねに一定量の水の供給を可能にする。  そのダムのごとく経営にも設備、資金、人員、在庫、技術、企画や製品開発など、あらゆる分野に的確な見通しに基づいた適正な余裕をもてばよいというのである。

④この余裕は一見ムダのようにみえる。  しかし、このムダは、経営の安定的な発展を保証する保険料なのだ。』


2.京セラ創業者の稲盛和夫さんが若い頃、講演会で松下さんの「ダム経営」の話を聴き大変感銘を受けたという、有名なエピソードがあります。  松下さんの側近だった江口克彦さんが、2017年9月28日の『東洋経済オンライン』に書かれていたので、抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①かつてこのようなエピソードを稲盛氏自身から直接聞いたことがあります。  松下幸之助さんが、関西財界セミナーで「ダム経営」の必要性の内容の講演をしました。  もういまから50年近く以前の話です。  (中略)

②それを聞いて参加していた何百人という中小の経営者たちは、小声で不満をささやき合っていた。  それが後方の席にいた稲盛氏にはよくわかったと言います。

③講演が終わって質疑応答の時間になったとき一人の参加者が、「ダム式経営ができれば確かに理想です。  しかし、現実にはできない。  どうしたらそれができるのか、その方法を教えていただきたい」と質問しました。

④これに対して松下さんは苦笑を浮かべ一瞬の間をおいてから、ポツリと「ダムをつくろうと強く思わんといかんですなあ。  願い念じることが大事ですわ」。  会場全体に失笑が広がりますが、その松下さんの言葉に稲盛氏は、体に電流が走るような衝撃を受けて、なかば茫然として我を失ったそうです。

⑤稲盛氏がなぜに茫然としたのか、我を失ったのか。  それは経営というものへの思いを反省したからです。  言われてみれば、いまの自分は経営を上手に進めたいとは思っているけれど、強く願い念ずる、それほどの思いはなかった。  強烈な祈りを込めるほどの熱意はなかった。  

⑥そうか、そうなのか。  祈り念ずるほどの強烈な思い、強い熱意が出発点なのか。  よし、今日からその思いで経営に取り組んでいこう。  まあ、今日の京セラがあるのは松下さんのおかげです、といかにも稲盛氏らしく謙虚な話をしてくれました。

⑦なにごとでもそうですが、念じ祈るほどの思いや魂を込めるほどの思いがなければ、そして、そのような出発点でなければ、事は成就しない、経営は成功しないということは、経営者たる者、しっかりと心に留めておくことが大事ではないかと思います。』

私が経営者になってもうすぐ42年が経ちます。  今回の新型コロナ騒ぎのときほど、「ダム経営」の重要性を感じたことはありません。  


3.明日、6月1日(月)から待ちに待った道場再開です。  本当に嬉しいです(^^)/

普通に道場稽古が行われていることの有難みを、今回感じることができました。

オンライン稽古に参加していただいた多くの会員の皆さん、稽古を担当した指導員に心から感謝します。    

TOP↑

経営者マインド

1.先週、指導員数名に以下のような話をしました。

『①ビジネス用語に「経営者マインド」という言葉がある。  経営者として当然備えるべき考え方や意識のことを言う。

②一方、従業員にも「従業員マインド」がある。  給料を貰っている以上、それに見合う仕事はこなすという考え方だ。  裏返すと、自分の担当を超える部分については、自分には責任がないので、しなくてよいということにもなる。

③でも、世の中には、従業員でありながら「経営者マインド」を持って仕事をしている人も、わずかではあるが存在する。  自分の給料以上のこと、自分の担当以外のこと、自分の責任分野以外のこと、などにも目を配って仕事をする。

④経営者は次の管理職、次の経営スタッフを常に求めているので、「経営者マインド」を持っている従業員は、いずれ評価・抜擢されるだろう。

⑤また、「経営者マインド」を持っている人は在職中に経営者に準ずる経験を積むので、独立して経営者になったとしても、その経験を活かして、順調に経営していくはずだ。』


2.1.に関連して、今週のYahoo!ニュースで、『マクドナルドで「日本一始末書を書いた社員」がたくさん表彰された理由』という記事を見つけました。  前文には次のように書かれてています  

『起業や独立が珍しくない昨今、「サラリーマンとしてはイマイチだけど、独立すれば成功できるかもしれない」と考えたことがある人もいるのでは…?  鴨頭嘉人さんは、「会社員のときにできないことが、独立したらできるようになると思っている人は、思い上がりだ」と断言します。』


3.抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①僕(鴨頭さん)は「日本一たくさんの始末書を書いた社員」でした  僕はサラリーマンも独立起業家のように働けばいいと思っています。

②マクドナルドで働いていたころ、勝手に「月曜日にてりやきマックバーガー半額」というキャンペーンをやって、爆売れしたことがあります。  でも本社の許可を取っていなかったので、めちゃくちゃ怒られました。

③ほかにも、東京のスーパーバイザーをやっていたとき、社内のコンテストで日本一を取りたくて、本来10時半に販売しはじめるはずの「てりたまバーガー」を、朝から売ったこともありました。  

④そのとき僕は、「みんなもやったらいいのに」と思ったんです。  だから「てりたまバーガー」を朝から売るための POPを作って、ほかのエリアの人も使えるようシェアしました。  それも本社の人に怒られて、評価を下げられましたね。  ボーナスも下がりました。  そういうことを、いっぱいやってたんです。

⑤でも僕は、最優秀店長、最優秀スーパーバイザー、それからサークルオブエクセレンスという本社スタッフのチームで最高の表彰を受けて、日本のマクドナルドの社員が取れる全タイトルを取ったあと、グローバルのタイトルも全部取った、唯一の社員です。

⑥なぜ、そんなにたくさんの表彰を受けることができたか。  理由は僕が、「日本一たくさんの始末書を書いた社員」だからです。  誰よりもたくさんリスクを取って、チャレンジしていました。  そのなかで、当たりが出るんです。

⑦リスクを取れない会社員は、独立してもリスクを取れない。  僕は「悪いことをしろ」と言ってるわけじゃありません。  とにかくチャレンジしてくださいと言いたいんです。

⑧サラリーマンがチャレンジしたときに受ける損失は、怒られて、ボーナスをちょっと減らされるぐらいです。  給料をゼロになんかできませんからね。

⑨でも、独立してから失敗すると、借金を背負うことになります。  独立してからのほうが、リスクもプレッシャーも大きいんです。

⑩会社員のときにできないことが、独立したらできるようになると思っている人は、思い上がりですよ。  サラリーマン時代にリスクを取れないような人は、独立してもリスクを取れません。

⑪逆に、独立してから成功する人は、サラリーマン時代からリスクを取っている人です。  だから、クビにならない程度に、ガンガンやったほうがいい。

⑫リスクをとって働いていると、そのうち社内で評価されて、年収も上がります。  そうなれば「サラリーマンを続けるのもいいな」と思いはじめるでしょう。

⑬起業してもいいし、サラリーマンのままでもいい。  副業をしてもいい。  サラリーマンをやりながら、会社を作ってもいい。  チャレンジすればするほど、選択肢は増える一方です。  (中略)

⑭社内で提案を通すのも「ビジネス力」。  会社の中でやりたいと思うことがあれば、とりあえず提案してみましょう。  ただし、単にワガママを言えばいいわけじゃありません。

⑮思いついた面白い企画をどうやって通すか。  「この表現だったらどうだろう?」 「この人の協力を仰いだらどうだろう?」と、考える。  これもビジネス力なんです。

⑯そういった経験を積むと、独立してもしなくても、副業をしても、うまくいく人になれます。

⑰これからは個人が組織を支える時代なので、個人の能力アップが一番大事です。  独立したときのためにも、独立しなかったときのためにも、常に起業家精神でチャレンジしまくる。  これが唯一の答えです。』

「支部長マインド」を持った指導員がいたら、嬉しいです(笑)


TOP↑

日本長寿企業の源泉

『韓非子』(守屋淳著 日本経済新聞出版社)を読みました。  

1.本書中の「日本長寿企業の源泉」の項に『商人の知恵袋』(青野豊作著 PHP文庫)からの引用があります。  番号を付けて紹介します。

『①元禄の時代は、今日でいうと高度成長の時代で経済繁栄が続いた。  その中で元禄の商人たちはかってない繁栄を味わい、なかでも紀伊國屋文左衛門に代表されるような特権商人らは幕府の権力者と結びついて巨額の富を築いた。

②元禄から享保にかけての激しい経済変動の中で、かっての特権商人は相次いで没落し、京都だけで五十数家もの豪商が没落している。

③しかしその一方で三井、住友、白木屋、大丸だの元禄末期以降に抬頭した〝新興商人〟らは生き残り、また多くの老舗も生き残った。

④しかもそればかりでない。  かれら享保の商人たちはやがて〝商人の江戸時代〟さえも築き上げるほどの実力をみせはじめた』


2.本書中の1の引用に続く部分から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①元禄時代というのは、バブルのような経済成長に沸き立っていた。  しかし、この時期は日本中で開発が進み、しかも幕府は鎖国政策をとっていた。  このため、パイがそれ以上増えないという限界に直面してしまう。  そして、これ以降に誕生した商家では、「家訓」を作ることが一般的になった。

②「家訓」に書かれている内容の多くは、「信用を大切にして、家業を末永く受け継ぐように」といったもの。  つまり江戸時代において「空間的なパイが広がりにくい」という現実に直面したとき、『論語』的な価値観を入れて「時間的に継続していくのがよい」「代々つないでいくのがよい」という方向に転換を遂げたのだ。  これを、「永続主義」という。

③そうした組織の成員のモチベーションのもととなるのは、パイが増えることではなく、お客様からの感謝や厚い信頼に応えること、そして、その集団の中で、後世語り継がれる存在になることでもあった。  日本に、世界的に見ても百年以上続く長寿企業が多い背景には、この価値観がある。

④そして、「永続主義」をとる商家には「家訓」に象徴される理念や規範があるが、それはあくまで「継続」という土台の価値観を支えるための手段として生まれてきたことに注意が必要だ。

⑤ちなみに、江戸時代のこうした商家では、「から傘商売」なる手法をとっていたところもあった。  景気がいいときは、傘を開くように事業を多角化し、逆に景気が悪くなると、不景気下でも生き残れる事業に選択と集中をかけて、傘をすぼめてしまう。  また景気がよくなると多角化し・・・。  この繰り返しで、長く継続していくわけだ。』

私が不動産コンサルティング会社を立ち上げてから、来年の8月でちょうど30年です。  「百年以上続く長寿企業」って、あと70年ですから大変なことですね。

ちなみに、わが社にも社訓があります。  ホームページに書いてありますが、『カキクケコ』つまり『感謝・勤勉・工夫・倹約・貢献』です。  ゼンジュウロウ、知っているのかな~(笑)

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT