FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

『身体の聲』(光岡英稔著 PHP研究所)を読みました。  第四章「気と健康と死を身体論から考える」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.昔、人々は、「人間は『気』で生きている」と考えていた。

人間は「気」で生きている。  そのことで生命が成り立っているという考え方が「生気論」「生気説」です。  その古の時代の感性によって導き出された生気論を理解するには困難な時代に、私たちは生きています。


2.古の「気」は日常の生活の中にあった

①なぜなら近代文明の発達以降「気」を物質的に理解しようとする「気の科学化」と、神秘的に気を扱う「気の特殊化」の二極化が生じてしまい、今やどちらか一方か二つの組み合わせでしか「気」を理解できなくなっているからです。

②「気の科学化」と言うのは、あくまで気を物理的に捉え、物質として解明できる対象として扱おうとする手法です。  日本では1980年代に気ブームが起きて、科学で解明しようとし、欧米に至っても科学的なエネルギー理論や量子力学を使って気の説明を試みました。

③もう一つの流れは「気とはオカルトチックな神秘現象だ」という捉え方で、いわば「気の特殊化」です。  こちらは、気とは科学でも解明できないほど神秘的で特殊な現象だというわけです。  多少の武術的な要素と暗示を通じた気のパワーで人が飛ばされるとか物事に変化が起きるといったことが話題になりました。

④しかし、生気論のいう気は科学的説明の範囲にあるものでもなく、また、そのように分かりやすいオカルトチックで超常的な神秘現象のことでもありません。

⑤もっと暮らしの中で揉まれてきた、本来は身近な存在が「気」「生気」なのです。  (中略)  

⑥例をあげると、大正時代に出版された天神真楊流柔術の解説書には、「下腹に気満ちること」や「気と力と志の区別と一致」といったように、取り立てて気について説明されることもなく語彙が使われていました。  (中略)  生活の中に普通にあるものなので、それ以上説明する必要がなかったのかもしれません。


3.頭脳労働が多い現代人は普段から気血が頭に上がり逆行している

①おそらく今の現代人のほとんどが、昔の人から見ると「気逆」状態で生活を送っています。  頭をよく使い、頭に気を上げて、意識して何かを行うことを常の習慣とするあまり、現代社会では気が頭に上がりっぱなしで生活を送る人も少なくありません。  (中略)

②中(国)医学では「気が血を導き、血は気に従う」としており、病気の元になる条件として「気滞・気虚・気逆」などをあげています。

③その観点からすると、現代人の多くが特に腰から下の足の方まで気が回らず気虚になっています。

④また、気滞が頭、首、肩に生じやすくその箇所が存在しすぎ、臂(ひじ)や腰、膝などは気虚となり存在が虚ろになる反動から、その箇所が存在意義を訴えてきて、痛みや違和感などを提示してきます。』

私は基本的に、「病院に行かない」「薬やサプリメントは飲まない」という主義です。  健康管理については、ただ「気・血の流れを整えること」のみ心掛けています。

今日も、朝は日課の立禅で「気の養成・鍛錬」を行い、午後は掌道の菊澤院長に鍼で「気・血流の調整」を行ってもらいます。

TOP↑

参照点バイアス

『THE TEAM 5つの法則』(麻野耕司著 幻冬舎)を読みました。  『「あの人よりやっているから」という落とし穴(参照点バイアス)』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①行動経済学では「参照点バイアス」というバイアス(先入観、偏見)も提唱されています(アンカリング効果とも呼ばれています)。  最初に提示された数字や印象が参照点(アンカー:船のいかり)となって強く残り、その後の印象や行動に影響を及ぼすことを指しています。  (中略)

②このような心理作用がチームにおいてマイナスに働くことがあります。  本来は100のパフォーマンスを出せる人が、隣のチームメンバーが60しかパフォーマンスを出していないので、自分も60くらいでいいか、と意識的・無意識的に考えてしまうのです。

③とくにリーダーはメンバーの参照点になりやすいです。  「リーダーが遅刻しているから自分も遅刻して良い」 「リーダーがきちんと人の話を聞いていないから自分も人の話を聞かなくて良い」などと都合の良い参照点としてメンバーがリーダーを使うことが多々あります。

④この落とし穴にはまらないためには、チームの中で「基準」を明確に示すことが重要です。  (中略)  それぞれのメンバーにどれくらいの「基準」を求めるのかを曖昧にせずに明確に提示することです。

⑤またそれだけでなく、チームの中で誰が基準を満たしているのか、満たしていないのかを共有することで、自分に都合の良いメンバーの成果や行動を参照点にさせるのではなく、チームとして「基準」にすべきメンバーの成果や行動を参照点にする必要があります。

2.①プロ野球チームの阪神タイガースは1985年の日本一以降、1987年から2001年まで15年間で10回も最下位になるという「暗黒時代」でした。  しかし、2003年に星野仙一監督のもと、阪神タイガースは18年ぶりのリーグ優勝を果たします。  その後は毎年優勝争いに加わる強豪チームとなり、2005年にも岡田彰布監督のもと、リーグ優勝しています。  (中略)

②阪神タイガースは弱くても関西では非常に人気のある球団で、選手はファンや支援者から、言葉を選ばずに言うと甘やかされていたようです。  そんな中で、選手も甘えた姿勢を持ってしまい、ちょっとしたことで弱音を吐いて練習を休んでしまうことも多かったと言います。  

③しかし、そんな状況が、ある選手の加入で変わります。  金本知憲選手です。  金本知憲選手は連続試合フルイニング出場の世界記録(1492試合)を持っている「鉄人」と呼ばれた選手です。  

④トリプルスリーと呼ばれる打率3割、本塁打30本、30盗塁を成し遂げた、打ってよし、走ってよし、守ってよしの三拍子揃った選手であることも勿論素晴らしいのですが、阪神タイガースの他の選手に大きく影響を与えたのは、どんな状況であったとしても、練習や試合を休まずにストイックに野球に取り組む姿勢でした。

⑤金本選手の加入によって、チーム全体の「基準」が変わり、選手たちの野球に取り組む姿勢が変わり、チーム全体の成績も変わっていきました。  「基準」が変わることにより、チームが変わった好例だと言えるでしょう。

3.チームが「〝あの人よりやっているから〟という落とし穴」に陥らないように、「基準」を明確に示す必要があります。』

TOP↑

神経活動の適応

『科学的に正しい筋トレ 最強の教科書』(庵野拓将著 KADOKAWA)を読みました。  

1.「右手を鍛えれば左手も〝教育〟される」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①筋肉の収縮は、脳の神経から伝わる指令によって起こります。  現代の脳科学では神経活動を高め、運動に適応させていくことが筋力アップに繋がると示唆しています。

②例えば、神経活動にアプローチすることで、筋肥大に関係なく簡単に筋力を強くする方法があります。  「右手」に重めのダンベルを持ち、アームカールを疲労困憊になるまで行ってみましょう。  実は、これだけで「左手」の筋力は10%アップします。  

③何とも奇妙な話ですが、ここにも科学的なエビデンス(根拠)があるのです。  (中略)  2018年にはイタリア・サッサリ大学のマンカらが、31の研究成果(785名)をもとに解析したメタアナリシス(複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること)により、「片側のトレーニングは、反対側の筋力を11.9%(腕9.4%、脚16.4%)増強させる」と報告しています。』


2.1.に続く「イメージトレーニングだけで筋力が上がる」の項からも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①神経活動にアプローチすることで簡単に筋力を強くする方法は、もう1つあります。  それは「自分がトレーニングしている姿をイメージする」こと。  実は、これだけで筋力は10%ほど増強されます。  これは、最新の脳科学において筋肉と神経活動の関係を検証したエビデンスが示されています。

②2017年、フランス・ブルゴーニュ大学のGrospretreらは、同様のイメージトレーニングを7日間連続で行った結果、被験者の下腿三頭筋の筋力が9.46%増強したと報告しています。  また、終了後、被験者の脊髄の神経活動が増加することを神経生理学的評価によって明らかにしています。

③同じく2017年、同大学のルフィーノらは、イメージトレーニングによる筋力増強のメカニズムを検証した過去の研究報告をレビューし、脊髄とともに大脳皮質の運動野の神経活動が増加することを示唆しています。

④このように、筋肉の大きさが変わらなくても、神経活動を変化させることにより、筋力を増強することができるのです。  しかし、紹介した2つの方法(片側のトレーニングとイメージトレーニング)による筋力増強は、一時的な神経活動の変化がもたらすものにすぎません。  翌日には元の筋力に戻ってしまいます。  これでは真の筋力増強には繋がりません。

⑤そこで重要になるのが「神経活動の適応」です。  (中略)  新しい運動に取り組むと、最初はうまくできなかったものが、繰り返し練習するうちに次第に上達していきます。  つまり「体が覚える」ということです。  これは、新たに得た様々な情報を伝達するうちにシナプス(神経細胞間の接合部)が組み替わり、神経のネットワークが変化することに起因しています。

⑥このようなネットワークの再構築を「神経活動の適応」と言い、脳科学では運動が上達するメカニズムとして活用されています。  そして、筋力増強の効果を長期的に得るためには、筋肥大とともに、筋力を強く発揮できるように神経活動を変化させ、適応させることがポイントになるのです。』

ちょっと専門的になりますが、私が極真空手と併せて修行してきた意拳の稽古方法の1つである「試力」の効果も、「神経活動の適応」によるものかも知れません。

早いもので、来週末は国際親善大会と全日本ウェイト制大会ですね。  

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT