FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

白鵬の脳内理論

大相撲7月場所で7場所ぶり通算45度目の幕内優勝を果たした横綱・白鵬の専属トレーナーである大庭大業さんが書かれた『白鵬の脳内理論』(ベースボール・マガジン社)を読みました。  

1.「自分の体と真摯に向き合う」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①(相撲をとる時に)超重要な太腿の周りの筋肉というのは、表側と裏側で比べると、ほとんどの人は表側の方が発達している傾向にあります。  ところが、横綱の場合、表側の筋肉がほかのアスリート同様、見事に発達しているだけでなく、裏側のハムストリングスが並外れて発達しており、表側と裏側が理想的なバランスになっているのです。

②しかも、筋肉の質も優れていて、柔らかく、弾力に富んでいます。  だから、どんな状況になっても瞬時に反応して、必要な筋肉を素早くはたらかせられます。  前に進む出足は鋭いし、土俵際ではたかれてもこらえられるし、押し込まれてもしのいで逆転できる。  これこそが、筋肉という点から見た横綱の強さの原動力だと、私は思います。』

7月場所は白鵬と大関・照ノ富士の一騎打ちの様相で進み、私が見るところ「反応スピードの白鵬」対「安定の照ノ富士」という感じでした。  


2.「感謝の気持ちを示す」の項からも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①(前略)  ほかにも、横綱が深い感謝の念を抱いている人物がいます。  師匠の宮城野親方です。  先日、その感謝の深さを改めて思い知る機会がありました。

②本場所の取り組みを前に、花道を入場してきて土俵下の控えに座ります。  ここで、これからの相撲の展開を思い描いたりすることはすでに触れました。

③取り組みへの準備を整え、呼び出しに呼び上げられて、土俵に上がります。  その時必ず、心の中でこう唱えていると明かしてくれたのです。  「今日も親方のおかげで土俵に上がれます。  ありがとうございます。」

④最近になってから始めたわけではありません。  初土俵を踏んで以来、今まで1400回以上も本場所で相撲を取ってきました。  そのたびに欠かさず、心の中で感謝の言葉をつぶやいてから土俵に上がるというのです。

⑤この言葉の原点には、モンゴルから来日したばかりの頃の苦い思い出があります。  横綱は15歳の時、「力士になりたい」という志を胸に、モンゴルから若者6人と一緒に日本にやって来ました。  (中略)

⑥若き日の横綱は、モンゴル相撲の大横綱の息子とはいえ、体重はわずか60キロの、もやしのように細い少年です。  なかなか声がかからず、一人だけ取り残されました。

⑦寂しさと虚しさが募る中、いよいよ明日にはモンゴルに帰らなければならないという日になりました。  そんな時、手を差し伸べてくれたのが宮城野親方でした。  (中略)  もしもこの時、宮城野親方が手を差し伸べてくれなかったら、力士になる夢は叶えられなかったのです。  (中略)  

⑧とはいえ、そんな気持ちも月日が長くなるにつれて薄れていってしまうものでしょう。  しかし、横綱は初心を忘れず、20年近くにわたって胸に抱き続け、土俵に上がるたびに心の中で感謝の言葉を唱えているというのです。  (中略)

⑨土俵に上がる時だけでなく、横綱は日頃からよく、「宮城野親方がいなかったら、今の自分はいない。」と口にしています。  師匠が稽古場にいない時には、師匠の代わりとして目を光らせています。』

前人未到の45回優勝(次点は大鵬の32回)の秘密の一端がここにあるようにも思います。

TOP↑

マドン監督と大谷選手

1.昨日も、NHK・BS1でロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手の試合を観ました。  途中、解説の山下大輔さんが興味深い話をされています。  

ネットで検索したところ、2019年10月27日のニッカンスポーツ・コムで水次祥子さんが書かれた、MLBコラム「書かなかった取材ノート」の内容が該当しました。  タイトルは『名将マドン新監督、大谷で30年越しの二刀流実現へ』です。  番号を付けて紹介します。

『①(2020年シーズンより)エンゼルスの新監督となったジョー・マドン監督(65)が、二刀流の大谷をどう起用していくか注目されている。  アイデアマンであり新しいものを臆さず先取りしていく同監督が、最初に二刀流選手の起用を考えたのは、実は30年も前のことだったそうだ。

②同監督がエンゼルス傘下のマイナーでコーチを務めていた時期だ。  エンゼルスの春季キャンプでは当時、投手、野手関係なく全員に60ヤード(約55メートル)ダッシュをやらせていたそうだが、その中で高卒でドラフト2巡目指名で入団したばかりのデショーン・ワーレンという左腕投手が誰よりも足が速かった。  

③マドン監督は、この俊足を生かさないのはもったいないと、ワーレンをどうにか投手兼DH、たまに外野の守備にも就かせるという二刀、三刀流選手に育てられないかと考えたという。  実際に、当時の球団GMだったダン・オブライエン氏に、投手をやりながら打撃練習もさせられるよう育成スケジュールを組めないかと提案もした。  

④しかしメジャーも今でこそ二刀流選手の育成に積極的な球団が出てきたが、当時はそんな考えはまったく受け入れられず、提案は却下。  90年代初頭にすでに頭に浮かんでいた二刀流構想は、日の目を見ないまま終わっていた。

⑤そのワーレンはエンゼルス傘下マイナーで投手として5年間プレーしたが、鳴かず飛ばずで96年で退団し、98、99年は米独立リーグでプレーしている。  マイナー時代にわずかながら打席に立ったが、5年間計52打席で無安打に終わった。  しかし独立リーグでは98年に打率3割3分3厘を打ち、投手としても4勝5敗の成績を残しており、この年がワーレンにとって二刀流として唯一輝いたシーズンだったようだ。

⑥マドン監督がワーレンのことを回想して語ったのはカブス監督だった2017年12月のことだ。  ちょうど大谷がポスティングシステムによりメジャーに移籍すると明らかになり、カブスも獲得に動いていた。  同監督も当然、球団の大谷勧誘に協力していたのだが、地元シカゴのラジオのインタビューでは「二刀流をするならDHのあるア・リーグがいい(※カブスはナ・リーグ)」と率直な意見を述べていた。

⑦「投手として投げた直後に野手としてフィールドに立たせるのは、容易ではない。  肩肘のリカバリータイムが必要だということも十分考慮しなければならない。  個人差もある。  投球回数を考えたり、念頭に置くべきことがいろいろある」と話していた。  実際に二刀流にかかわる前から、どう運用するべきか明確な考えを持っていたということだ。  来季(2020年シーズン)はマドン監督にとって、30年越しの二刀流構想の実現となる。』

マドン監督にとっても、大谷選手にとっても、出会うべくして出会った、必然的な出会いなのかもしれませんね。


2.米スポーツメディア「スタジアム」が、マドン監督の最近の発言を報じていました。

「マイケル・ジョーダンについて評価するのに、バスケットボールファンである必要はない。  フットボールファンでなくても、トム・ブレイディのことを認識するのにアメフトファンでなくてもいい。  ショウヘイ・オオタニのタレントを評価するのに野球ファンである必要はないんだ。  ただチャンネルを合わせて、その興奮を味わえばいいんだ」

マイケル・ジョーダンや、私が長年応援するトム・ブレイディと並べられるって、スゴすぎます。


3.以前は、MLB中継でイチロー選手や松井秀樹選手の活躍をよく観ていました。  私の中では、約10年ぶりにMLB復活です。

何の競技でもそうですが、スーパースターが一人いるとファンの関心が急激に高まります。

極真でもスーパースターが出ないかな~。  所属がチーム城西なら、もっと嬉しいですが 笑

TOP↑

ドーパミンとセロトニン

前回に引き続き、ドーパミンを取りあげます。  ドーパミンとセロトニンの違いについてです。    

『もっと! 愛と創造、支配と進歩をもたらすドーパミンの最新脳科学』(ダニエル・Z・リーバーマン、マイケル・E・ロング著 インターシフト)から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①ドーパミンの観点から言えば、「所有」は関心事ではない。  ドーパミンにとって重要なのは「獲得」だけだ。

②あなたが橋の下で暮らしていれば、あなたにテントをほしがらせる。  あなたがテントで暮らしていれば、ドーパミンは家をほしがらせる。  あなたが世界一豪華な大邸宅で暮らしていれば、月にそびえる城をほしがらせる。

③ドーパミンに永続的な基準はないし、フィニッシュラインを探すこともしない。

④脳内のドーパミン回路を刺激できるのは、それがなんであれ、ぴかぴかの新しいものの「可能性」だけ。  いま現在あるものがどれほど完璧かは、問題にならない。  

⑤ドーパミンのモットーは「もっと」なのだ。  (中略)  ドーパミンは「快楽物質」などではない。  ドーパミンの本質は「期待物質」だ。

⑥「可能性」にすぎないものではなく、「いま手にしているもの」を楽しむためには、「未来志向」のドーパミンから「現在志向」の化学物質に脳を移行させる必要がある。

⑦そうした「現在志向」の神経伝達物質をここではまとめて「ヒア&ナウ(いまここ)」と呼ぶことにする。

⑧ほとんどの人は、「ヒア&ナウ」の名を耳にしたことがあるはずだ。  たとえば、セロトニン、オキシトシン、エンドルフィン、エンドカンナビノイドと呼ばれる一群の化学物質だ。

⑨ドーパミンのもたらす「期待」の快楽とは対照的に、これらの化学物質は感覚や感情から生まれる「喜び」をもたらす。』

なお、セロトニンについては、昨年の3月30日と4月5日のブログで取り上げています。

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT