fc2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

ミラーニューロンその2 少年部の指導

前回に続き、ミラーニューロンについてです。  『高学歴親という病』(成田奈緒子著 講談社+α新書)の「ゼロ歳児にこそ語りかけよう」の項に番号を付けて紹介します。

『①笑顔を絶やさない両親に育てられた子は、いつもご機嫌でいられることが多いという実感があります。  そして、親が伝えたいことを、すーっと理解します。  これは「ミラーニューロン」も作用しています。  この神経細胞を使って、子どもは親の動作や言葉を真似するのです。

②それなのに、「ゼロ歳ってまだ言葉話せないじゃないですか、喋れないじゃないですか。  だから、私は話しかけないんです」と話すお母さんがいます。   子どもと二人きりのときもずっとスマホをいじっていたりテレビをつけたままで、子どもに話しかけたり笑顔を向けたりしません。

③実はそうではないのです。   子どもはゼロ歳から親が近くで口を動かし、しゃべるのをずっと見ています。  その口の動かし方を脳の中に再現しておき 「あぶ~」などと一所懸命練習し、ついには「ママ」 「パパ」と、意味のある言葉を発するようになります。  したがって、覚え込ませたい行動や言動を目の前で見せ続けたほうがいいのです。

④さらにいえば、幼児期から早期教育に力を入れる人は、ミラーニューロンを使って子どもの脳を活性化する機会を逸しているとも考えられます。  そうではなく、親が正しいと思う行動、たとえば「ごめんなさい」 「ありがとう」と謝罪や感謝する姿を見せることが大切です。

⑤「子は親の鏡、親は子の鑑」という格言があるように、親が理想とする行動や言動を子どもに示し伝えるのです。   少々厳しい言い方になりますが、そこは他人任せにしないことです。

⑥たとえば、お父さんが出張などで不在がちなとき、お母さんが「お父さんは今頃一所懸命働いてくれてるよ」と子どもに伝える家と、「うちのパパったら役に立たないわね」と言ってしまう家。   2つの家庭は真逆です。   父親に対しまったく異なるイメージが刷り込まれていきます。

⑦同じように、スポーツのコーチが「こうしなさい」 「ああしなさい」 「これはダメ」と、指示・命令・否定ばかりの指導をするのも歓迎できません。  子どもにそのボキャブラリーしか入りません。

⑧先日、外食に出かけた先で、母親と2人の子ども連れの家族を見かけました。  お母さんが子どもたちをテーブルにつかせ食券を買いに行く間、3歳くらいの男児が自分が座る子ども用の椅子を引っ張って持ってこようとしました。  それを見た5歳くらいの女児が、突然険しい顔つきになりました。

⑨「○○君、そのお椅子持ってこないで!  ママが持ってきてって言ってからじゃないとダメでしょ。   ○○君が動かしたら危ないでしょ!」  大人びた口調で注意し始めました。  恐らく母親そっくりの言い方なのでしょう。  まるで鏡のようです。  そのようにいつも母親に自分が言われているのかもしれません。

⑩「この椅子持ってきたんだ。  小さいのにえらいねえ。  ママのこと助けてくれるんだね。  ありがとう」  (ママが)もしこのように話しかけていれば、5歳くらいのお姉ちゃんの口からも違う言葉が出てくるのだろうと思います。  あわただしい子育てにストレスもたまっていたのかもしれませんが、見ず知らずの親子が心配になった出来事でした。

⑪脳育てはゼロ歳から差がつきます。  でも多くの親御さんが、早くから塾や習い事に通わせ「おりこうさんの脳」を育てようとしてしまう。  実はそれは、脳育ての観点では「出遅れている」ことになります。

⑫子育ての時間は限られています。  おりこうさんの脳にばかり注目してしまうと、睡眠や言葉かけなど「からだの脳」をつくる時間が削られるわけです。』

上記⑦は、少年部を指導する際に気を付けなければいけませんね。  楽しい雰囲気の中で、ほめてあげることが大切です。

私事ですが、今日孫が1歳になりました。  孫との関わりにおいて気を付けているのは、少年部の指導同様に「楽しい雰囲気の中で、ほめてあげること」です。


TOP↑

知的好奇心と共感力その2

前回のブログで、子どもの将来にとって大切な能力として「知的好奇心」と「共感力」を取り上げました。  

『秘伝』今月号の連載『武道者徒歩記』(日野晃著)のタイトルは『社会で一番重要な能力とは?』でした。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①自分が活動する場としての社会で、一番重要な事は何だろう?   これも当たり前の事だが、「コミュニケーション能力」とそれと同時にある「人間関係を築く能力」がある事だ。  さらに贅沢を言えば「気遣いが出来る事」だ。

②その3つがあれば、そして、それらに加え人間に嫌味がなければ、社会に出ても上司や先輩達に引き立てて貰える。  そういった引き立てがあるから、学校を卒業した当初の社会生活の未熟な時、仕事であれ人間関係であれうまく行くのだ。  もちろん、起業をするとしても同じ能力が必須だ。

③重要なのは、決して専門のスキルではない事だ。  もちろん、スキルはあった方が良いに決まっているが、それが無くてもこの3つの能力さえあれば、社会では生き抜いていけるのだ。  (中略)  

④これらの能力の基礎は、幼児期から少年期に鍛えられるのではないかと私は考える。  それは、野生の時代だからだ。  お母さんから産まれ、良いも悪いも何もかもを知らない、何もかもを体験していない状態があり、そこからたった1年や2年しか経っていない時期だ。

⑤また、幼児の出だしは、それこそ家族や周りの見知った大人達しかいない状態から、同年代、もしくはそれに近い年代の幼児達と初対面し、自分の言い分というか我がままというか、思い通りにいかない事がある、という事に戸惑う時期だ。  (中略)

⑥幼児期少年期の良い所は、年齢差を超えて遊ぶところにある。  お兄ちゃんお姉ちゃんから、遊びやルールを教えて貰う事があったり、時には意地悪されたりもする。  そんなごった煮が気持ちを強くさせたり、顔色を見るという事も覚えるのだ。  これぞ社会性が育つ種である。  (中略)

⑦そして、自分自身の「好奇心」のおもむくままに行動するのが基本だが、見知った人以外の人が出現する事で、つまり、知らない人と認識する事で、人見知りしたり懐いたりといった事が混在する時期でもある。

⑧また、「好奇心」のおもむくままの行動や行為は視線に表れていて、驚くほど透明で怖いほど鋭い視線を浴びせて来るのもこの時期だ。  この視線は生物として本能に属する重要な状態なのだが、これは自意識の発達や知識が増える程に消えて行くから不思議だ。  どうして怖いほど鋭い視線なのかというと、「好奇心」そのものとその「好奇心」の強さが意志の方向を明確にするからだ。

⑨社会では、個人の個性や創造性が大事だと言われている。  では、その個性や創造性は何時何処で育まれるのだろうか?   本来は先程の幼児期が基本となる。  どれだけ「好奇心」だけで動き回ったかだ。  場合によっては、その「好奇心」で何かを作ったり、何かのコレクターになったりする事もある。

⑩私の愚息は2歳くらいの時、街を走る自動車の名前を全部言い当てていた。   愚息が自動車の名前を当てるので「どうして分かるのか?」と、何度質問したか分からない。  とにかく、何かに執着しているような特異性を発揮する事もある。』

①~⑥は「共感力」、⑦~⑩は「好奇心」について書かれています。

※文中の「好奇心」の「」は私が付けました。

TOP↑

知的好奇心と共感力

『こんなカンタンなことで子どもの可能性はグングン伸びる!』(瀧靖之著 ソレイユ出版)を読みました。  「2章 たった2つの力を育てるだけで、子どもの可能性が大きく広がる!」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①私は、長い間、人間の脳について研究を行う中で、一生の脳の土台となる「子どものときの脳」に大変注目をしてきました。  子どもの脳に焦点を当てたとき、どのようにすれば子どもが幸せに育ち、幸せな人生を送れるのか私たちの研究を通して、とても大きなことが見えてきたのです。

②子どもの将来にとって、大切な能力の要素はさまざまありますが、「とくに大切なのは、たった2つ!」ということです。  その2つとは、子どもの「知的好奇心」と「共感力」です。  長年の研究を通して、この「たった2つの力を育てるだけで、子どもの可能性をグングン伸ばすことができる!」ということがわかってきたのです。

③「知的好奇心」は、「もっと深く知りたい、もっと深く探究したい」という気持ちのことです。  この「知的好奇心」は、子ども自身の力でさまざまな能力を自分のものにし、夢をつくり、自分自身の人生をしっかりと歩いていける力を持っています。

④「共感力」は、「人の気持ちを理解し、寄り添うことのできる力」です。  人を思いやる心をつくり、社会の中でたくさんの人と一緒に生きていくことができる力となります。  (中略)

⑤「知的好奇心」と「共感力」。  この2つの力は、お子さんが生きていく上で、大切な車の両輪といえます。  それぞれが同じように育つことで、まっすぐにしっかりと前に進むことができます。

⑥「知的好奇心」がしっかり育っていても、「共感力」が育っていないと、たとえばこんなふうに車は傾いてしまいます。

・どんなにやりたいことがあっても、どんなに学校の成績がよくても、なかなか友達をつくることができません。

・自分の望む仕事につくことができても、人と一緒に何かをすることが苦手で、仲間と一緒に仕事をする喜びや達成感を味わうことができません。  社会の中にいることがつらくなってしまうことでしょう。
 
⑦反対に、「共感力」が育っていても、「知的好奇心」が低いと、どうでしょう。  

・思いやりのあることで、多くの人から好かれ、まわりにはいつも友達がいっぱい。  ですが、興味を持てるものがなく、毎日がつまらない。

・いつも自分が何をしたいのか、何をしたらよいのかがわからず、ただ、そのときそのときの環境に流されてしまうことでしょう。

⑧ノーベル賞をはじめ、優れた業績に贈られる受賞者の会見や、スポーツで優勝した選手のインタビューなどをテレビで見ていると、感動をもって気づくことがあります。

⑨受賞された方々の多くが、眼を熱くして、「この賞は、私一人の賞ではありません。  支えてくれたみなさんと一緒にいただいた賞です」と、語っています。  自分個人に与えられた賞でありながら、自分を育ててくれた恩師の方や、一緒に仕事をした仲間、支えてくれたスタッフ、そして、両親や家族への感謝でいっぱいの受賞者の姿が、いつも印象強く心に残ります。

⑩どんなに優秀な能力があっても、人が一人でできることは限られています。   それを大きなものにしてくれるのは、一緒に仕事をする仲間、助けてくれる人々の存在であることを、私たちは受賞者の言葉から教えられます。

⑪受賞された方々の高い能力は、人一倍強い知的好奇心が実を結んだものでしょう。  頂点を極めるためには、人知れぬつらい経験も乗り越えてきたはずです。  そして、ひとつの大きな仕事をするためには、どこの場でも、たくさんの人との関わりあいがあります。

⑫人に信頼されなければ、たくさんの人と一緒に仕事は成し遂げられません。  相手の気持ちに寄り添う、思いやる、この共感力の高い人と人とがつながったとき、すばらしい実を結ぶのだといえます。』

極真空手の稽古における「知的好奇心」は、「もっと型がうまくなりたい、もっと組手が強くなりたい」という気持ちから生まれてきます。  

また、「共感力」は一緒に稽古する友達、一緒に試合に出る仲間とともに養うことが可能です。  そういった意味で、空手の試合は個人競技ではありますが、チームの一体感がとても大切になります。



TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT