FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

いじめと「空気」

前回は、『「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ』(鈴木博毅著 ダイヤモンド社)を紹介しましたが、今回は同じ著者による『「超」入門 空気の研究 日本人の思考と行動を支配する27の見えない圧力』(ダイヤモンド社)です。  『空気の正体06 すべてのいじめは「お墨付き」を得て始まる』から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①いじめで「空気」はどんな役割を持つのでしょうか。  ほとんどの加害生徒側は、いじめを始める際に「クラスの空気をさぐる」つまり、「クラスの前提をさぐる」行動をしています。

②いじめの発端は、加害側の生徒が被害者となる生徒を軽く小突く、言葉で一方的におとしめるなどの行為から始まります。  そのとき、誰からも反論がなく、先生にも怒られなかったとき、加害側の生徒は「ここまでは大丈夫」というクラスの〝小さな前提〟を一つ確かめたことになるのです。

③いじめに関する著作を複数持つ、社会学者の内藤朝雄氏の『いじめの構造』には、加害者側の生徒が、クラスの空気を読む様子をほうふつとさせる描写があります。

『加害少年たちは、危険を感じたときはすばやく手を引く。  そのあっけなさは、被害者側も以外に思うほどである。  損失が予期される場合には、より安全な対象をあらたに見つけだし、そちらにくら替えする。』

④最初のいじめで、担任の教師が「そのような行為は絶対に許さない!」という確固たる態度と反応で臨むとき、そのクラスの空気(前提)を知ってなりを潜めます。

『「自分が損するかもしれない」と予期すると迅速に行動をとめて様子を見る。  そして「石橋を叩き」ながら、少しづついじめを再開していく(中略)。  ほとんどすべてのいじめは、安全確認済みで行われている。』

⑤担任の先生が初期のいじめを放置すると、このクラスは「いじめが許容されている」、と生徒全体が感じます。  クラスの前提(空気)で倫理の基準が変わってしまうという意味では、教室の一君である先生から、〝いじめがお墨付きを得てしまった〟とも言えます。  

⑥山本七平氏は『「空気」の研究』で、戦犯の行動、リンチなどの特殊な状況下で「倫理観が狂った」者たちが〝あの状況下では仕方なかった〟と述べる現象を「状況倫理」として説明しています。  そして、日本社会の空気が最終的には、状況倫理に結びついてしまうのだと指摘しました。

⑦この構造は、まさに日本の教育現場の「いじめの現実」に如実に現れています。  『いじめの構造』には、加害生徒が、被害者の子どもの苦しみを微塵も感じていないそぶりと、被害生徒の自殺のあとも、反省や憐憫の情をまるで持たない様子が描かれています。  (中略)

⑧この事件では、生徒のいじめに先生も参加してしまったことが指摘されています。  共同体の前提をつくるのがうまい加害生徒がいることで、「被害者をいじめることでクラスが楽しむ」という狂気の前提を誘導的につくられてしまったのでしょう。  (中略)

⑨まともな良識を備えている大人から見ると、加害生徒たちの倫理観は、狂気と呼びたくなるようなおぞましいものです。  しかし、次の条件が揃うと、日本の共同体・組織では倫理の崩壊が進行してしまうのです。

⑩日本の集団が状況倫理に陥るとき
・共同体の前提(空気)が管理されず、その集団が隔離されて存在しているとき
・一君として空気(前提)を管理する者から、お墨付きを得たと感じられたとき
・異なる共同体を貫き共有されるべき、社会正義が確立されていないとき

⑪学校の教室は、ある意味で外界から隔離された空間であり、空気に影響を受けやすく、悪賢い者がいれば、自分に有利な状況倫理を生み出すことができてしまいます。

⑫もちろん、状況倫理だからいじめは仕方がないというわけではありません。  一人の生徒を無残な死に追いやる行為は、絶対に許すわけにはいかないはずです。

⑬学校の教室では、先生が空気を正しく支配する役割を放棄したら終わりです。  「これをやっても叱られない」 「あれをやっても問題ない」、悪意ある生徒がそのように解釈を始めると、クラスの空気(前提)はとたんに悪化の一途をたどります。

⑭さらに「あの生徒をいじめても問題は起きない」 「先生からも叱られない」とわかると、ある種のお墨付きを得た形になり、特定の被害生徒へのいじめがより気安いものになってしまう。  それにより、いじめに加担する生徒が増える可能性も高まります』

TOP↑

宗教心・道徳・歴史

参議院議員の山田宏先生が書かれた『道を拓く男。 山田宏』(光明思想社)を読みました。  『教育の基礎は「宗教心」「道徳」「歴史」』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『私は、立派な子供を育てる基礎は三つあると思っています。  一つには「宗教心」、二つ目は「道徳」、三つめは「歴史」です。

1.①「宗教心」というのは、宗教教育というわけではなく、日本に古来から伝わる昔話を伝えることです。  最も良いのは『古事記』『日本書紀』に始まる日本の神話を教えることです。  それは簡単に言うと、自分自身という〝個〟を超越した存在がおられて、それに〝生かされている〟という思いです。

②自己を超越した存在というのは、ご先祖様であったり、お天道さまであったり、神様・仏様です。  自分の眼しか持ち合わせていなければ、どうしても自己を見る眼が甘くなってしまうのですが、先祖の眼、お天道さまの眼、神様・仏様の眼、つまり自分よりも高い存在、崇高な存在があって、常に自分を見つめていると意識させるのです。

③「お天道さまが見ているよ」「神様・仏様が見ているよ」・・・こういうことを子供に言い聞かせていたのが、日本の教育でした。  それがいつの間にか消え去ってしまいました。  「目に見えないものは存在しない」ということになってしまいました。

④目に見えるもので一番大事なものは何か。  それがお金になってしまったわけです。  拝金主義、そして目に見えるものしか信じられない唯物論が広がってしまいました。

⑤自分を超越した尊い存在があって、それに生かされているというのが「宗教心」です。  それが立派な人間を育てる一つめの要素であるわけです。

2.①次に「道徳」というのは、古今東西に伝わる偉人の話を伝えることです。  善悪とは何か。  高尚な生き方とはどういうものか。  素晴らしい生き方をされた人は、世界中にたくさんいます。  そうした生き方を知ることで、自らの人生が豊かに育まれるのです。

②道徳というのは、人間を正しく誘導するものです。  「正」という字を見れば分かるように、「一」という線を引いて、その下に「止」と書くでしょう。  人間はそのまま放置しておくと、欲に流されたり、易きに流されたりします。

③そこで流されないように「止」めておく「一」線、それが「道徳」なのです。  それが立派な人間を育てる二つ目の要素です。

3.最後に「歴史」というのは、もちろんわが国の歴史です。  それは自虐史観ではない。  そうしたイデオロギーを排した、日本の国の素晴らしさを伝えることです。』

昨年11月末に山田先生のパーティーがあり、そこでいただいた本です。  個人的には1.④の「拝金主義」「唯物論」の話に特に感銘を受けました。

そのパーティーで20年ぶりぐらいにお目にかかったのが、東孝さん(大道塾・塾長)です。  入門がほぼ同期なので、40年以上も前のことなどを思い出しました。

昨日は長年応援している稀勢の里が初優勝しました。  今日の白鵬戦に勝てば、19年ぶりの日本人横綱誕生になるのかな~?

TOP↑

負けてもいい・・・

教育・人間の育成に関して考えさせられる文章を2つ読んだので、抜粋し、番号を付けて紹介します。

1.毎月一回、ソフトブレーン株式会社から創業者・宋文洲さんのメルマガが送られてきます。  今日のタイトルは『負けてもいい・・・』でした。

『①「北京に戻りたくない」。  休暇が終わる前日から、息子が呟き始めました。  親としての自分は迷いがない訳ではありませんが、3年前からその迷いを振り切って子供達を北京のインターナショナルスクールに入れました。  

②(中略)  要は日本の教育は強い人間を育てないと私が思った次第です。  優しさ、思いやり、平等、公正・・・一般論でいえば、日本の学校は中国の学校よりはるかに良いと思います。  しかし、日本の学校には競争およびこれに伴う挫折の体験が少なく、当然その挫折から立ち直るための体験や教育もできません。  

③(私の子供が通う学校では)一年に一度の運動会も競争に意欲満々の上、何らかの項目に勝てそうな生徒を選んで入場式や試合に参加させますが、意欲がなく弱い子は席に座って応援することになります。  どうしても嫌だったら学校に来なくてもいいと言われる始末です。

④読者の皆さんがどう思うかは想像できませんが、私にとって全然苦痛のことではありません。  昔、私(宋さんは中国出身)も同様な環境下で育ったので運動会というのはそんなもんだと思ったからです。  参加したい人、強い人が競争し合ってクラスや学級にメダルや優勝旗を勝ち取ります。

⑤子供がついていけない時や競争に負けた時、私はチャンスだと思っています。  頑張って挽回するのもいいですし、自信を失い苦しむのもいいです。  だって大人の世界はそればかりではありませんか。  先生が乱暴だといっても私は気にしません。  なぜならば社会に出ると上司と顧客に乱暴な人が多いからです。

⑥競争に勝つのは競争に参加する目的ではありません。  競争に慣れること、負けてもやっていけることこそ、競争参加の目的です。

⑦オンリーワンを通してもいいですし、個性的で好きなことをやってもいいです。  しかし、どんなことをやっても結果として競争に参加しなければならないことは多いのです。  負けるのが嫌で競争アレルギーを持つ人はオンリーワンも個性も守り通すことができません。

⑧「世界に一つだけの花」。  SMAPのこの歌の中国語バージョンもあります。  その歌詞は微妙に違います。  日本語の歌詞には「負けてもいい、俺がオンリーワンだから」に聞こえますが、中国語歌詞は「負けてもいい、立ち直って取り戻すから」に聞こえます。』

極真空手の試合はトーナメント形式で行われます。  ということはチャンピオン以外は全員負けることになります。  でも負けから学ぶことがたくさんあります。


2.内田樹先生のブログ『内田樹の研究室』4月19日のタイトルは『人災の構図と「荒天型」の人間について』でした。  

『①東日本大震災から1年を経過して、これが「天災」であるより以上に「人災」であるという印象を私たちは抱いている。  「天災」は自然現象であり、私たちにはそれを防ぐ力がない。  「人災」は人間の力で統御できるし、しなければならない災禍である。  その災禍の広がりを防げなかった。

②「人災」を用意したのは私たちの社会を深く蝕んでいる「無根拠な楽観」である。  「晴天型の世界観」と言ってもよい。

③私たちはある「枠組み」の中で「ゲーム」をしている。  賭けられているものは権力とか財貨とか文化資本とか、いずれにせよ「価値あるもの」である。  そのやりとりのゲーム、誰かが勝てば誰かが負ける「ゼロサム」の競争をしている。  そういう考え方が「晴天型の世界観」である。  ゲームに夢中な当人は「これこそリアル・ワールドの生存競争」で、自分ほどのリアリストはいないと思い込んでいる。

④彼は競争に夢中になっているアスリートに似ている。  フィールドがあり、ルールが決められ、審判がいるゲームをしているものにとってはたしかに「勝ち負け」が何より重要である。  だが、アリーナがゴジラに踏みつぶされたり、地割れに呑み込まれたりするときには、「生き延びること」がそれに優先する。

⑤そのような想定外の危機のときでも、適切にふるまって、人々に適切な指示を与えて、被害を最小化することのできる人間がいる。

⑥国際関係論では、「管理できる危険」を「リスク」、「管理できない危険」を「デインジャー」と呼び分ける。

⑥「晴天型」の競争主義者は「負けるリスク」のことしか考えない。  だから「デインジャー」については何も考えない。 「グローバル競争」とか「グローバル人材」というような言葉をうれしそうに口にするのはこの類の人間である。  このタイプの人間は危機的局面では腰を抜かしてものの役に立たない。

⑦震災と原発事故は、私たちの国の基幹的な組織が「デインジャー対応能力」のある人間を重用する習慣を失って久しいことを露呈させた。  むろん、単独の行動者としては散在していた。  その人たちが自己判断・自己責任でシステムの全的崩壊を局所的ではあるが防いだのである。

⑧社会の「柱」を支えている制度の内側でも、心ある人は「どうふるまっていいかわからないときに、どうふるまっていいかわかる人間」、マニュアルもガイドラインも「上からの指示」もないときに、適切にふるまって、人々を救うことのできる人間とはどのようなものか、どのようにして育成できるのかを真剣に考え始めていると私は思う。

⑨今のところは願望に過ぎないが、それに取り組まない限り、「人災」はさらに規模を拡大して繰り返し私たちを襲うことになるだろう。』

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT