FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

武道家の楽観性

前回紹介した哲学者・武道家の内田樹先生の別の対談集を読みました。  『善く死ぬための身体論』(集英社新書)という本で、対談相手はヨーガ指導者の成瀬雅春先生です。  内田先生の「まえがき」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①僕の合気道の師匠である多田宏先生と成瀬先生との対談を聴きに行った時です。  帰途、五反田まで歩く道筋で、多田先生に「成瀬先生って、本当に空中に浮くんでしょうか?」と伺ってみたら、多田先生がにっこり笑って「本人が『浮く』と言っているんだから、そりゃ浮くんだろう」とお答えになったのが僕の腹にずしんと応えました。

②なるほど。  武道家は懐疑的であってはならない。  そんな命題が成立するのかどうかわかりませんけれど、何を見ても、何を聴いても、疑いのまなざしを向けて、「そんなこと、人間にできるはずがないじゃないか」というふうに人間の可能性を低めに査定する人間が武道に向いていないことはたしかです。

③でも、実際にそのような「合理的」な人は武道家の中にもいます。  そういう人は筋肉の力とか、動きの速度とか、関節の柔らかさというような、数値的に表示できる可算的な身体能力を選択的に開発しようとする。  でも、実際に稽古をしている時に僕たちが動員している身体能力のうち、数値的に表示できるものはたぶん1パーセントにも満たないんじゃないかと思います。

④していることのほとんどは、中枢的な統御を離れて、自律的に「そうなっている」。  いつ、どこに立つのか、どの動線を選択するのか、目付はどこに置くのか、手足をどう捌くのか、指をどう曲げるのか・・・・・・などなど。  ただひとつの動作を行うにしても、関わる変数が多すぎて、そのすべてを中枢的に統御することなんか不可能です。  (中略)  淡々と稽古を積んでゆくうちに、そういう「賢い身体」がだんだんでき上ってきます。

⑤武道の稽古においては、「こういう能力を選択的に開発しよう」ということができません。  だって、「どういう能力」が自分の中に潜在しているかなんて僕自身が知らないから。  あることができるようになった後に、「なんと、こんなことができるようになった」と本人もびっくりする。  そういうものです。  (中略)

⑥そのどこに向かうのかわからない稽古の時に手がかりになるのはただひとつ「昔、こういうことができる人がいたらしい」という超人たちについてのエピソードです。  そのような能力の「かけら」でも、もしかすると自分の中には潜在的にあるのかもしれない、修業を積んでいるうちに、思いがけなくそういう能力が部分的にではあれ発現するかもしれない、それだけが修業の手がかりになります。  

⑦そういうわりと楽観的でオープンマインデッドな修業者と「そんなこと、人間にできるはずがない。  そういうのは全部作り話だ」と切って捨てる「科学主義的」な修業者では、稽古を10年20年と重ねてきた後に到達できるレベルが有意に変わります。  

⑧どんな異能であっても、「そういうことができた人がいる」という話は受け入れる。  「そういうことって、あるかもしれない」と思う。  そして、どういう修業をすれば、どういう条件が整うと、「そういうこと」ができるようになるのか、その具体的なプロセスについて研究し、実践してみる。  

⑨だって、それによって失われるものなんて何もないんですから。  自分の中に潜む可能性を信じようと、信じまいと、日々の稽古そのものに割く時間と手間は変わらない。  だったら、「そういうことができる人間がいる」と信じたほうがワクワクするし、稽古が楽しい。  人間の潜在可能性についての楽観性と開放性は武道家にとってかなり大切な資質ではないかと僕は思います。』

人間の潜在可能性を信じて、今朝も立禅でした(笑)

  

TOP↑

やれば伸びる

『才能の正体』(坪田信貴著 幻冬舎)を読みました。  坪田さんは映画化もされて大ベストセラーとなった『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の著者です。  『第1章「才能」とは何か?』から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①僕は、才能というものは誰にでもあって、それは〝正しい努力〟次第で手に入るものだと考えています。

②ところで、「自分はやればできる」「今は本気出していないだけ」と言う人がいますが、これはとんでもない「まやかしの言葉」です。  

③例えば、あなたが「何の競技でもいいから、今からオリンピックに出よう。  やればできるはずだ」と思ったとしましょう。  

④まず、どの競技ならできそうか、いろいろと競技を見ますよね。  スノーボードやスキー、スピードスケートは無理そうだけど、ストーンを滑らせてその前をホウキみたいので擦るだけのカーリングだったらできるかも、と思ったとします。  これが「認知」です。

⑤それで練習を始めますが、カーリングがとても難しい競技であることに気づきます。  すると「相当練習をしないと、いや練習をしても、そうそうオリンピック出場なんて無理だ」と思いますよね。  それでどうなるかというと、オリンピック出場を諦めて、カーリングの練習をやらなくなります。

⑥「やればできる」と思っている人は、オリンピック出場という「結果」に焦点を当てているため、それが望めないとわかった瞬間に「動機」がなくなり、練習をやらなくなります。  (中略)

⑦こうして見てくるとわかるように、「やればできる」という思考は「結果至上主義」なんです。  その結果が手に入らないとわかった瞬間に、やることそのものをやめてしまうのですから。

⑧これは、「できそうにないなら、やらない」と言っていることと表裏一体なのです。

⑨そんなわけで僕は、「やったら、いつか必ずできるよ」という意味の「やればできる」という言葉を使いません。  世の中には「できないこと」がたくさんある以上、大人が子どもに、または目上の人が部下に言いがちな「やればできる」という言葉は嘘になるからです。

⑩・・・こんなふうに言うと、気持ちを削がれてしまいますか?  でも大丈夫です。  使う言葉を変えていけばいいのです。

⑪こういうときに使うべき正しい言葉は「やれば伸びる」です。

⑫何事も、やらないよりもやった方が絶対にいいいのは間違いありません。  誰でも、何かを始めて、それを継続していければ、やった分だけ成長して、経験した分だけ経験値は増えて、必ず伸びていく。  能力が伸びれば、その「部分」が際立ってきて、「才能」になる可能性がある。

⑬使い古された言葉ですが、「継続は力なり」というのは本質的に真実なのです。  問題は、「自分にはできないと認知した段階」で丸ごと諦めてしまうことです。』

1993年に、空手の指導や国家試験受験の経験を踏まえて、日本実業出版社から本を出しました。  書名は『やればできる! 能力開発と目標達成』です。  『やれば伸びる!』とすべきだったかもしれません(笑)

TOP↑

継続力が人生を分けます

1.一昨日は城西カップとビギナーズカップでした。  表彰式の後、少年部に向けて次のような話をしました。

『小さいときから一つのことをやり続けることは、将来皆さんが大人になった時に大きな自信となります。  皆さんは極真空手を稽古しているわけですが、柔道・サッカー・野球・水泳・体操・音楽・ダンスなどでも同じことです。  仮に幼稚園から始めた空手を20歳になっても続けていれば、そこから得られる自信ははかり知れません。
長い道のりですから途中で空手を続けるモチベーション(意欲・やる気)が少なくなり、止めたくなることもあります。  試合に出ること、大きな試合を観ることは、そのモチベーションを保ち続けることにつながります。  試合に負けてくやしい、試合に勝ってうれしい、先生の試合を観て感動した、などの感情が空手の稽古を続けるモチベーションにつながります。
来週末は第50回全日本大会です。  城西地区の先生や先輩が多数出場します。  ぜひ会場に足を運び観戦し、皆さんの空手へのモチベーションに活かしてください。』

2.昨日の『伊勢ー白山 道』さんのブログのタイトルは『継続力が人生を分けます』でした。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①最近のテレビ番組で多い傾向は、
・「昔に飛び抜けて〜〜だった、アノ人は今は何をしている人なの?」
・「様々な競技の頂点を極めた人には、一度も勝てなかったライバルが居た。  その最強のライバルの今は何をしている人?」
という昔にある分野で優秀だった人々の、今を調査する番組が人気です。  色々な人々の人生ドラマを知ることが出来ます。

②何回かこの手の番組を見て感じますことは、
・ 昔に負けた人のほうが、その後に世界の頂点に立っている。
・ 昔に無敵だった人は、その競技を止めて、紆余曲折を経て違う職業の人が多い。
そのまま継続すれば良いものを、それがナゼか出来なくなることが、気持ちが向かなくなることが、人により起こります。  (中略)

③そして、「継続力」こそが神秘だと言えます。  頂点を極めた人は、自分が勝てない相手が居ても、継続力で勝ったのです。  何かを継続出来るとは、本当に幸福なことだと言えます。  (中略)  

④善悪の結果よりも、継続性を評価する視点を持って頂ければ、自分の人生が変わるかも知れません。  仕事を辞めてばかりを繰り返す人生よりも、1つの仕事を長く継続することが、収入の意味でも社会保険の意味でもお得です。  継続性を大切にすることを、参考にして頂ければ幸いです。  継続性=道に成ります。』





TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT