fc2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

長い時間やる習慣

1.2月3日のブログで、明石家さんまさんの師匠・笑福亭松之助さんが禅僧の内山興正老師に師事していたという話を紹介しました。  今回は内山老師が書かれた『座禅の意味と実際』(大法輪閣)からです。  巻末の「問い」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『問い・・・坐禅を何時間もしなければならぬのは何故でしょう。  また、少なくともどれだけはしなければならぬということがあるのでしょうか。

答え・・・①坐禅には決して時間の長短ということはありません。   (中略)  時間の長短、あるいは長短による合格不合格という分別を超えるのが坐禅だからです。

②しかし坐禅は「坐禅時間の長短を超えている」からといって、「だからなるべく少ない時間で事をすまそう」という打算主義は、大体、坐禅するものの態度ではありません。

③反対に「坐禅は時間の長短にかかわらないがゆえに、できるだけうんと坐禅しよう」 「坐禅は自己の実物を生きることであるがゆえに、一生つづけよう」という態度こそが、坐禅する人の態度であるべきです。

④われわれ安泰寺で、坐禅時間を多くしているのも、決してこれを他に向かって誇示したいがため、あるいは功をつみあげるためにやっているのではありません。  ただ坐禅が時間の長短にかかわらないと知るがゆえに、ただやっているだけです。

⑤また、なお坐禅は時間の長短にかかわらないからといって、坐禅をはじめてやる人たちが、三十分や一時間の坐禅時間から出発し、これが坐禅というものだと心得てしまうと、長時間の坐禅は、とても怖しさを感じて、することができないでしょう。

⑥これに反し、はじめから、坐禅とは腹一杯やるものだというところから始めると、坐禅することに対して怖しさを感じないでやれます。  その点からいっても、はじめからできるだけ長い時間やる習慣をつけた方がよいと思います。

⑦あるアメリカ人は、安泰寺に来る以前に、一年間ほどある寺で毎週一時間ずつ坐禅していて、そのころには、坐禅についての論文を書こうと思っていたそうです。   

⑧ところが安泰寺へやって来て、毎日の坐禅や毎月の接心をするようになってから、今や坐禅についての論文など、まだとても自分には書けないと知った、といって笑っていました。   まあ、その辺が本当じゃないでしょうか。』


2.①極真空手でも要領よく稽古することは大切ですが、選手として日本や世界のトップを狙うためには稽古量の確保は欠かせません。

②5か所の常設道場には城西のチームカルチャーとして、「どこよりも創意工夫する、どこよりも練習する、どこよりもそれらを楽しんでやる」という言葉を掲げ、私としては世界一稽古する道場を目指してやってきたつもりです。

③10年ほど前に極真会館の大先輩である藤平昭雄先生と食事させていただく機会がありました。  身長155cm・体重50㎏でキックボクシングのチャンピオンにもなった伝説の空手家です。

④そのとき、先生に「現役時代は何時間くらい稽古されたのですか?」とうかがうと、「12時間ぐらい。  そのくらいやらないと、体が火照って眠れないだろう?」とおっしゃっていました。

⑤チーム城西が世界一の稽古量を目指しているといっても、藤平先生の足元にも及びません 笑

TOP↑

〝化ける〟裏に〝反復〟あり

『老いては「好き」にしたがえ!』(片岡鶴太郎著 幻冬舎新書)を読みました。  「〝化ける〟裏に〝反復〟あり」の項を番号を付けて紹介します。

『1.①波動が「出る、出ない」はごまかしがきかない気がします。  私としては、「波動」は魅力や才能とは違って、波動としか言い表せません。

②芸能界は、波動が出ている人が大勢います。  最近お仕事をご一緒した方で波動をビンビン感じたのは、橋本環奈さん。  映画の撮影現場で初めて見た瞬間、強い波動が伝わってきました。

③私なりの言い方をすると「この子はぶっとい!」と感じました。  田舎出の女の子の役で、地味な衣装にノーメイクなのに、波動が強く出ていて、どこにいても存在感があるのです。

④ルックスのかわいさ、美しさだけではなくて、背後にドンと大きな柱が見えます。  何事にも動じないぶっとい芯の強さ。  そこを中心に、身体や顔から波動が出ているようなイメージです。   『NHK紅白歌合戦』の司会を初めて務めた時も、やっぱり動じず、ドン!としっかりしていましたしね。


2.①ずっとその波動を持っている人もいますが、突然ある時から波動が強くなる人もいます。  これは、覚醒するんですね。   元々持っていたものが眠っていて、ある日何かをさっかけに覚醒する。  いわゆる「化ける」というやつです。

②役者でいえばキャリアを積んで、自信がつくといい味が出てきて、ブレイクするパターン。  こういうタイプは、いいものを持っていても、それが何なのかなかなか気づけなかったり、気づいても反復を怠っていたり、反復していてもその能力の出口がなかなか見つからなかったりして、時間がかかったということ。

③反復しているのに化けない場合、「能力がない」と考えるより、「本当にちゃんと反復していたのか?」と私は思います。   丁寧に反復していれば、それが波動となって現れますから、「こいつ、違ってきたな」 「チャンスがあれば、上に行くだろうな」と誰かが感じるようになるはずなんです。

④こんな具合に、どの業種にも、ある時期いきなり覚醒して〝化ける"人がいるでしよう。  反復から生まれる波動は、隠し切れないものです。   反復は嘘をつかない。  努力は嘘をつかないということですね。』

「〝化ける〟裏に〝反復〟あり」というのは空手の選手でもまったく一緒ですね。  大前提は上の2.③にあるように、丁寧に(正しく)反復することです。  

TOP↑

最近の新聞記事から

最近の新聞記事から抜粋し、番号を付けて紹介します。

1.木田春斗選手(ラグビー日本代表合宿メンバーに初選出)・・・6月9日朝日新聞・連載『戦士のホットタイム』より

『①・・・幼少期は空手をやっていたと聞きました。  その経験が生きている部分はありますか。

「空手は、本当に体幹が大事です。  パンチをする時もそうですし、ハイキックも、それこそ片足で立ってキックするので、バランス感覚も大切になってきます。  もちろん、動きの瞬発力も大事。   体幹の強さ、瞬発力は、確実にラグビーに生きています」

②空手は個人競技ですね。  その点でラグビーとの違いは。

「メンタルが鍛えられました。  個人競技は自分がすべて。  自分が負けたら、もう、すべてが終わりですし。  個人にどれだけプレッシャーがかかるかというのを経験しました。   そういう面ではプレッシヤーには強くなったかなと思います」』

調べたら、木田選手は2007年4月に行われた第3回国際青少年大会・7歳男子の部で優勝しています。  1学年上の8歳男子の部の優勝者が、昨晩のRISEでKO勝ちした南原健太選手でした。


2.ラグビー日本代表合宿・・・6月23日朝日新聞より

『①合宿開始を前に、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは「タックルの精度を国際レベルまで引き上げる」と狙いを明確化。  柔術など格闘技の専門家で、13人制の「ラグビーリーグ」で指導した経験もあるジョン・ドネヒュー氏を呼び寄せ、連日のように特設テント内で行われるタックル練習の指導を任せている。  (中略)

②ドネヒュー氏の指導は技術にとどまらない。   流大(ながれ・ゆたか)選手の言葉を借りれば、「昭和的」で「根性が鍛えられる」という。  相撲やレスリングの要素も採り入れながら1時間ぶっ続けで行われ、その間に休憩はない。

③さらには、腰に手をあてる、頭を抱える、といった「苦しそうな態度」は厳禁。  もし見つかれば、「罰」として馬跳びなどの追加トレーニングを科せられる。

④稲垣啓太選手は、練習の意図に理解を示し、こう解説する。  「一番苦しい時間帯にその技術を出せるか。  元気な時にできるって、誰でも当たり前だと思う。  もう本当に死にそうな時に、自分に何ができるのか。  ラグビーの原点であって一番大事なところ。  今それを全員でやっています」』

④は極真空手の試合でもまったく一緒です。


3.三浦知良選手・・・6月23日日経新聞・連載『サッカー人として』より

『①毎日継続していることこそ、流れ作業に陥りがち。  体幹トレーニングであれば体幹のどの部位を意識し、負荷を感じつつやれるかが生命線。

②それが「早く終わらせたい」と気が緩むと、なんとなくこなして終えてしまう。  この「こなす」になれるのが一番良くない。

③相手を置かないパス&コントロールの練習なんて、ひたすら同じことの繰り返しだ。  これも、相手がいると想定してボールを止め、蹴るのと、漫然とこなすのとでは、同じ反復でも成果に大きな違いが出る。

④欧州の強豪もJリーグクラブも日本代表も、外形的な練習手法に大差はないだろう。  でも上のレベルの選手ほど、マンネリ的な作業をマンネリで終わらせない意識を持ち合わせている。』

競技の種類を問わず、トップになる人・チームの考え方には共通点がありますね。  

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT