FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

デンプシー・ロール

1.『地上最強の男 世界ヘビー級チャンピオン列伝』(百田尚樹著 新潮社)を読みました。  1919~27年の世界チャンピオン、ジャック・デンプシーを取り上げた第八章から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①彼は、身長は185センチあったが、体重は187ポンド(約84.8㎏)しかなかった。  この時代、急速に大型化するヘビー級ボクサーの中では明らかに体格的に見劣りした。

②そこでデンプシーが考えたのは、体全体を使ってパンチを打つということだった。  それまでのヘビー級のボクサーは上半身を立てて(アップライト・スタイルという)、どちらかといえば重心をやや後ろに掛けてファイトするというスタイルだったが、彼は反対に体を前傾させる姿勢を取った。

③これはクラウチング・スタイルと呼ばれるもので、デンプシーが初めてこれを取り入れたボクサーだと言われている。  そして彼はその姿勢のまま、上半身を「∞」の形を描くようにロールさせ、その反動を利用してパンチを振るった。

④これは「デンプシー・ロール」と呼ばれ、小柄なファイターの多くがこれを取り入れた。  後のヘビー級チャンピオン、ジョー・フレージャーやマイク・タイソンなどの動きも、このバリエーションと言える。  フレージャーもタイソンもヘビー級ボクサーの中では小柄だった。』

前々回7月26日のブログで、講道館・上村春樹館長の『「小さいことが私の武器になる」と気づかされたとき、自分の世界が開けたような気がした』という話を紹介しました。

「小さいから大きい人に勝てない」というのは、創意工夫しない言い訳にすぎません。  極真の長い歴史の中でも、大先輩である藤平昭雄先生を始めとして、「小さな巨人」と呼ばれた名選手が何人かいます。


2.前回のブログのタイトルは「信義」でした。

『訣別の街』(原題:City Hall)という1996年公開のアメリカ映画があります。   その中で、アル・パチーノが演じるニューヨーク市長ジョン・パパスが、次のような話をします。

『大切なのは信義だ。  男と男を結びつける、言うに言われぬ物だ。  1000回も電話をかけ合い、苦楽をともにしてきた。  握手をした時の感触だ。  それは一生つきまとう。』

私の大好きなセリフです。

TOP↑

逆転の発想

『柔の道 斉藤仁さんのこと』(山下泰裕編 講談社)を読みました。  講道館の上村春樹館長が書かれている「逆転の発想」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①日本人は、外国人とくらべて筋力は弱いし、手足も短い。  「そのハンデを、どうすれば柔道で打ち消すことができるか」  私はそれを懸命に考えました。

②ヒントになったのは、航空工学者で、「日本の宇宙開発の父」と呼ばれる糸川英夫先生の『逆転の発想』という本(1974年刊)です。

③この本を読み、「小さいことが私の武器になる」と気づかされたとき、自分の世界が開けたような気がしました。

④だから、斉藤にもよく言ったものです。  「発想の転換をしなさい。  こちらから見ているだけでなく、相手側から見てみるのだ。  大きいことが本当に有利なのか、小さいことは武器にならないのか。  それを徹底的に考えることだ」

⑤スピードがある選手ならそれを武器にすればいいし、身体がやわらかいならそれを活かせばいい。  自分の長所をさらに強化し、足りない部分を補い、技につなげていく。  それが柔道というものです。

⑥全盛期の斉藤は大きな身体を武器にしていましたが、(上村監督のもと、斎藤選手が2度目の金メダルを獲得した)ソウル五輪のころは、右脚が左脚より10センチも細くなっていました。

⑦斉藤のような左組手の選手は、たいてい軸足になる右脚が太くなります。  当時の斉藤はケガを負った軸足が使えず、それで細くなっていたわけです。

⑧しかし、「だから何だ?」と私は問いかけました。  「右脚がダメなら、左脚をうまく使えばいいだろう」

⑨斉藤は親からもらったすばらしい身体を武器にしたこともあるし、ガタガタの身体で闘った経験もあります。  その違いを理解していたからこそ、選手を適切に指導できた(斎藤監督のもと、日本柔道はアテネで3つの金メダルを獲得した)といえるでしょう。』 

TOP↑

学習棄却

『失敗の本質』(野中郁次郎他著 中公文庫)を読みました。  『三章 失敗の教訓』の中の「組織学習」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①組織は学習しながら進化していく。  つまり、組織はその成果を通じて既存の知識の強化、修正あるいは新知識の獲得を行っていく。  組織学習とは、組織の行為とその結果との間の因果関係についての知識を、強化あるいは変化させる組織内部のプロセスである、と定義される。

②しかしながら、組織は、個人の頭脳に匹敵する頭脳を持たないし、またそれ自体で学習行動を起こすこともできない。  学習するのは、あくまで一人一人の組織の成員である。  したがって組織学習は、組織の成員一人一人によって行われる学習が互いに共有され、評価され、統合されるプロセスを経て初めて起こるのである。  (中略)

③さて、日本軍は既存の知識を強化させるという面ではまことによく学習したといえる。  

④(陸軍)・・・実際、帝国陸軍の白兵銃剣主義の成果はけっして悪いものではなかった。  満州事変、日中戦争などで対決した近代的陸軍とはいえない中国軍に対しては、個々の戦闘では十分に機能したのである。  (中略)  満州・中国から香港、シンガポールへと続いた白兵銃剣主義の成功は、火力に頼らずにやれたという自信とあいまって、ますます強化されたのは、当然のことであった。  (中略)

⑤(海軍)・・・成果という点からいえば、帝国海軍は自らの手による航空攻撃(真珠湾攻撃)で米戦艦を倒し、大艦巨砲主義から転換できるはずであった。  (中略)  真珠湾攻撃後の連合艦隊では、航空優先の策は具体化されなかったし、その後も戦艦部隊中心の志向がいぜんとして根強かった。

⑥いずれにせよ、帝国陸海軍は戦略、資源、組織特性、成果の一貫性を通じて、それぞれの戦略原型を強化したという点では、徹底した組織学習を行ったといえるだろう。

⑦しかしながら、組織学習には、組織の行為と成果との間にギャップがあった場合には、既存の知識を疑い、新たな知識を獲得する側面があることを忘れてはならない。  その場合の基本は、組織として既存の知識を捨てる学習棄却、つまり自己否定的学習ができるかどうかということなのである。

⑧(陸軍)・・・そういう点では、帝国陸海軍は、ガダルカナル戦以降火力重視の必要性を認めながらも銃剣突撃主義による白兵戦術から脱却できなかった。

⑨(海軍)・・・また、帝国海軍もミッドウェーの敗戦以降空母の増強を図ったが、大艦巨砲主義を具現化した戦艦「大和」・「武蔵」の46センチ砲の威力が必ず発揮されるときが来ると、最後まで信じていたのである。』

極真空手の全日本大会は、今年で52回目を迎えます。  その間、技術は常に進歩し続けてきました。  特に、4年前の第48回大会以降、ルール改定が行われたこともあって、試合技術が猛スピードで進化しています。

その中で重要なのは、⑦にある「学習棄却」だと思います。  今までの技術のうち欠点が見え始めたものは、改良・修正・破棄・交換しなければなりません。  そこで最も大切なことは、チーム城西のモットーである「創意工夫」です。

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT