fc2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

「できる」から「わかる」へ

前回に続き、『熟達論』(為末大著 新潮社)からです。  『「できる」から「わかる」へ』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①「わかったつもり」に陥ることもあるが、すでにできているのにうまく説明できない状態もある。  (中略)

②学習するためには、意識的な姿勢が必要とは限らない。  私たちは何かをやれば、学び体得する。  「型」で基本を手に入れていれば、そのあとはただ与えられた課題をこなしていくだけで学習し成長していく流れはできる。

③スポーツの強豪校で、細部まで何をやるかをコーチが決めている場合、選手は言われた通りやるだけで自分のやっていることを意識しなくてもよくなる。  それでも繰り返していけばうまくできるようになっていく。

④「できる」だけなら、必ずしも正確に構造を把握しておかなくてもいいのだ。   出したいアウトプットのために、適切な入力さえすれば、できる。  その時の当事者の感覚としては「とにかくやろうと思ったらできた」となる。

2.①そうであれば「わかる」必要はないと思われるかもしれない。  しかし、そこには二つの弊害がある。  一つは、構造がわからなければ、自分がずれ始めた時にどう修正していいかがわからなくなるという点だ。  例えばスプリンターが不調になった時、その問題点を直すためにはどこに何が影響しているかを理解しなければならない。  (中略)

②構造がわかれば入力と出力がずれ始めた時、何がおかしいかを理屈で理解することができ、元に戻すことができる。  ところが構造がわかっていないと、なぜうまくいかないのかがわからない。

3.①もう一つの「わかる」必要は、他者に説明するためである。  構造を把握せずできるようになった場合、どううまくなったのかが自分ではわからない。  なので人に説明できないのだ。

②才能がある選手は理屈ではなく感覚的に捉えて、やろうと思ったことができる。  目指すべき出力に対し、構造を介して適切な入力がなされるからこそうまくいっているのだが、それがほぼ無意識に行われている。   入力と出力がずれにくいからだ。

③人間はうまくいかない時にこそあれこれ想像を巡らせるもので、苦労したことほど深く構造を理解するものだ。  もしすんなりとうまくいった場合は、わざわざ構造について深く考えたりはしない。  そのまま繰り返していくうちに、構造についてはわからないまま、システムの使い方は上手になる。

④このように学習してきた選手がコーチになると、できるのだが説明はできない状態になる。  自分はやってみようと思えばできたわけだから、選手にもやってみろとしか言えないのだ。

⑤しかも、その入力は自分自身でうまくいったものであり、他の選手でもうまくいくかどうかはわからない。  自分の入力方法をひたすら伝えるだけになれば、構造が違う他の選手を育てることはできない。  これが名選手が名コーチになるとは限らない理由だ。  できるからと言って、構造を説明できるとは限らないのだ。』

支部長として指導するようになって45年が経ちました。  今回の世界大会を見ても、選手を育て結果を出すことは容易ではありません。  でも、それだからこそ指導者にはやりがいがあります。  そう簡単にやめること、あきらめることはできません 笑

TOP↑

イエロメンコ選手のオノマトペ言葉

城西のブログやフェイスブックでも紹介していますが、21日火曜日、二日前に世界チャンピオンになったばかりのイエロメンコ選手が道場生の皆さんと出稽古に来てくれました。  今年の国際親善大会後に続いて、二度目の来訪です。  世界チャンピオン直々のテクニックセミナーが行われ、私も見学させてもらいました。

最近読んだ『熟達論』(為末大著 新潮社)の中に参考になる記述がありました。  「リズムが連動を生む」の項を抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①連動はあまりにも複雑なので、私たちが詳細を意識することは難しい。  だから、良い連動を引き出すためにはリズムが使われる。   どんなことでも上手な人と一緒に何かを行うと、うまくできるような感覚に陥ることがある。   カラオケが上手な人と歌うと上手に歌える気がするし、ダンスでも運動でもそうだ。   知的作業でも上級者の横で一緒に行っているだけでリズムにひきずられてうまくいく。

②だが、内在化されていないので一人で行うとまた元に戻ってしまう。  「心」を捉えると、自分のリズムを内側に持てるようになる。  だから良いリズムが何かがわかり、「流れが良くない」 「タイミングがおかしい」という感覚で、リズムのずれを素早く検知することができる。  例えば「ダダダ」  「グイッ」などのオノマトペ言葉には、リズムが組み込まれている。

③運動における上級者はこのオノマトペを頭の中で意識するだけで、動きを変化させることができる。  うまくいかない時も意識的に変えて良いリズムに引き戻していく。

④運動は自分の身体だけにはおさまらない。  生まれた力を外部に伝え、返ってきたカを適切なタイミングで受け止めれば、徐々に力は増幅されていく。  お風呂の中で自分の身体を前後に揺さぶると徐々に水面も前後に揺れていく。  それにタイミングを合せて揺さぶれば、波は大きくなりいずれ風呂からお湯が溢れる。

⑤外部との連動がでるようになると、自分が中心となり、周囲を巻き込むことができるようになる。  周りを自分のリズムに引き込めるのだ。

⑥レベルの高い集団に入ると、入った人間も急にレベルが上がることがある。  その集団の目的意識が高かったり、当たり前のレベルが高かったりするなどの理由はもちろんあるが、リズムも大きく影響しているだろう。   最初はついていくのに必死でも、そこで行き交っているリズムに自分を合わせていくうちに、本当にできるようになっていく。

⑦集団の中にもリズムがあり、良い集団はこのリズムと連動の質が高い。』

組手においても、リズムはとても重要です。

イエロメンコ選手がコンビネーションを指導する際の「パパパン、パーン」というオノマトペ(さまざまな状態や動きなどを音で表現した言葉のこと)は非常に分かりやすかったです。

イエロメンコ選手と道場生の皆さん、ありがとうございました。

TOP↑

聞く力

『聞く力』(阿川佐和子著 文春新書)を読みました。  「1 聞き上手とは」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①レスリングの浜口京子選手にお会いしたのは、彼女がアテネ五輪に出場した直後。  準決勝のときに電光掲示板にポイントが正しく表示されず、浜口選手が延長戦だと思っているうちに、負けの判定が下される、というアクシデントのあったあとでした。  結局、その五輪では三位決定戦に勝利し、銅メダルを獲得できたのですが、そのインタビューではなんといっても、あの不可解な判定に焦点が絞られます。  

②あの瞬間、浜口選手はどう思ったのか。  悲しかったのか、悔しかったのか。   涙は出なかったのか。  ヤケを起こしたくならなかったのか。  なにより、どうやって、その後の三位決定戦までに、気持を切り替えることができたのか。  (中略)

③実際、浜口選手もあの瞬間、何が起こったのか理解できないほどボーッとして、とりあえず審判に抗議をしてみたものの、取り合ってもらえず退却する。   その後、選手村に戻り、六時間後の三位決定戦までに気持の切り替えをしなければいけないと頭のどこかで気にしながらも、「なんでこんなことになったんだろう」という思いから抜けられない。  そこで、浜口選手は携帯で家族に電話をするのです。

④「母が電話に出て『京子は世界 (世界選手権)でゴールド取った女なんだぞ。  堂々と戦いなさい!』と言われた瞬間、『あ、そうだ。  こんなところで落ち込んでいる場合じゃない』と目が覚めました」

⑤さらにお母さんは、「私は今まで勝てって言ったことはないでしょ?   でも、今回は勝ちなさい。  銅メダルを取りなさい」と。  そして同時に「お前はよくやった」と娘を評価する。  その一言で、それまでただ呆然とするだけで泣くこともできなかった浜口選手が初めて涙を流し、試合場に戻ったときは、「あ、また試合ができるんだ!   嬉しい!  と、笑顔になるくらい、元気が出てきたんです」。  (中略)

⑥もし私が母親の立場にいたとして、自分の子供が京子ちゃんのように、どうしていいのかわからなくなっているときに、いったいどんな言葉をかけるだろうか。

⑦「気にするな」と言ったら、「お母さんにとっては他人事だろうからそんなこと言えるんでしょうけど、そんな簡単にはいかないのよ。  わかりもしないで勝手なこと言わないで」と反論されるかもしれない。  「頑張りなさい」と肩を叩けばきっと、「もうじゅうぶん頑張ってるわよ。   そんなありきたりな言葉しか出ないわけ」と子供が逆に怒り出すかもしれない。  ああ、とても私には、最適な言葉を選ぶことはできないだろうなあ......。

⑧そう思うと、京子ちゃんのお母さんが選んだ言葉が、どうして「それ」だったのか。  そして、その母親の言葉が、どうして京子ちゃんの胸をピンポイントで射止めたのか。  まるで宝くじのように当たる確率の低い難問に思われて、「お母ちゃん、お見事!」と拍手を送りたい気持になりました。

⑨でもきっと、それは互いに互いのことを熟知して、深くて大きな愛情が通じ合っているからこそ、為せる業だったのだと思います。』

普段の稽古や試合のときなどに選手に声をかけることがあります。  ことば数が多いから思いが通じるわけではありません。  たった一言が選手の力を引き出した経験も持っています。

20代前半に国家試験の勉強をしていたときに、自律神経失調症を患いました。  勉強を中断しようとした私に、母親から「中断せずに休み休みでもいいから勉強を続けたら」と声をかけられました。  今振り返ると、あのとき中断したら再開しなかったかもしれません。




TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT