FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

セロトニン

1.3月8日のブログで「スマホによる脳過労」を取り上げました。  今回は「セロトニン」です。  セロトニンをネット検索すると、次のように書かれています。

『セロトニンとは、しあわせホルモンと呼ばれる脳内ホルモンで、「ノルアドレナリン(神経を興奮)」や「ドーパミン(快感を増幅)」と並び、感情や精神面、睡眠など人間の大切な機能に深く関係する三大神経伝達物質の1つです。  脳は緊張やストレスを感じるとセロトニンを分泌し、ノルアドレナリンやドーパミンの働きを制御し、自律神経のバランスを整えようとします。  しかし、ストレスや疲労が溜まると、セロトニンの分泌量が減ったり、働きが制限されたりしてしまいます。』


2.セロトニン研究の第一人者で、医学博士の有田秀穂さんが書かれた、『太陽の浴び方』(山と渓谷社)を読みました。  

有田さんによると、相談に来る人のよくある生活は次のようなパターンだそうです。  

『①朝、出勤するとき、スマホを歩きながら、あるいは電車の中で使用。

②会社に着くと今度はパソコンの前に座り、息を詰めながら液晶画面を睨む作業を続け、昼休みもパソコンを見ながらコンビニ弁当。  

③午後もパソコン漬け、帰路にまたスマホ。

④帰宅すると、ゲームやインターネットで気晴らし、ベッドに入ってもスマホ。

⑤セロトニン神経には最悪の生活なのだが、そうとは気付かずに暮らしている。』


3.本書中の「太陽の恵みを受ける生活とは」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①太陽が出ているときに、帽子を被ったり、長袖を着たり、UVカットの化粧品を使用したりしても、外を歩けばセロトニン活性になる。

②網膜に2500ルクス以上の光が当たることが必要なだけで、皮膚に当たる光は、脳内のセロトニン分泌に全く影響しない。

③ただし、サングラスをつけるのはNGである。』


4.「歩行リズム運動で脳内セロトニンを増やすコツ」の項からも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①どこかへ移動するためではなく、健康や元気になるために、すなわち脳内セロトニンを増やすために行うのが、ウォーキングやジョギングの生活習慣だ。

②この行動は、間違いなく脳内セロトニン分泌を促して、元気な状態を作り出す。

③朝日を浴びながらやれば、二重のセロトニン活性効果になる。』


5.別の項で、セロトニン活性効果のあるリズム運動として、ウォーキングやジョギング以外に、サイクリング、縄跳び、ラジオ体操、太極拳が挙げられています。  空手の基本稽古も一種のリズム運動ですから、セロトニンを増やす効果がありますね。

ちなみに私も、最近、毎朝約30分のウォーキングを行っています。  太陽が出ている日は最高の気分です。



TOP↑

スマホによる脳過労

1.脳神経外科医の奥村歩さんの著書『脳を休める技術』(カンゼン)を読みました。  脳の各部位と記憶との関連、スマホによる脳過労についての記述が簡潔・明解でした。  「はじめに」で次のように書かれています。

『脳は鍛えるのではなく、休めてください。

一時期、巷では〝脳トレ〟なる言葉が流行り、今でも脳は鍛えなければならないと考えている人が多いかもしれません。  しかし、それは実は、危険なものの見方。  30代から50代にかけての忙しいビジネスパーソンにとっては、脳をうまく休ませることが大切なのです。』


2.2月19日のNHK『クローズアップ現代』でも「スマホによる脳過労」が取り上げられました。  前半部分で、1.の奥村歩医師もコメントしています。

番組の中で、「子どもの学力低下」との関連が指摘されていました。  ネット検索した内容から、抜粋し、番号を付けて紹介します。

『(1)田中泉キャスター・・・①知らず知らずのうちに脳を脅かすというスマホ。  子どもの場合、より深刻な影響を示唆するデータがあります。  仙台市の中学生の数学の学力と、スマホの利用時間、その関係を調査した結果です。  (グラフ省略)

②最も点数が高いのは、スマホを「全く使わない」、もしくは「1時間未満」という生徒たちなんです。  スマホを使う時間が長ければ長いほど、平均点が下がっていく傾向が見られます。  この点数が下がっているのは、勉強していないからではないかと思われるかもしれないのですが、この調査した生徒たちの勉強時間は、ほぼ同じだったんです。

③スマホなどでネットを長時間使う子どもたちの脳を調べると、黄色い部分が目立ちました。  脳全体をつなぐ神経線維の集まり、「白質」の発達が遅れている部分だそうです。  (画像省略)


川島隆太教授(東北大学)のコメント

「初めてこんなに広範な領域に悪影響が出るものに出会いました。  子どもたちの記憶の能力自体にマイナスの影響が出ていると予測されます。  極端な話ですけれども、法律によって18歳まではスマートフォンを1時間以上使ってはいけないと、強制的におさえてあげるほうが、未来にとっては幸せであろうと考えます。」


(2)田中・・・この「スマホを1時間以上使ってはいけない」というのは、学会などで確立された見解ではないのですが、スマホのメーカーは今、先手を打って自発的に動き出しています。  使い過ぎを防止する機能を搭載し始めたんです。  例えばiPhoneでは「スクリーンタイム」、アンドロイドでは「Digital Wellbeing(デジタル・ウェルビーイング)」。  いずれも特定のアプリの使用時間をあらかじめ制限する設定ができて、その時間を超えるとアプリが使用できなくなるというものなんです。


(3)武田真一アナウンサー・・・スマホを手放す時間を作れば、脳は元に戻るものなんでしょうか?


(4)枝川義邦教授(早稲田大学)・・・脳の中には、起きた変化を保存する可塑(かそ)性という性質があります。  1回悪いことが起きても、だんだん習慣を変えて、だんだんいいことを続けていくといいほうに変わっていく。  お子さんですとその可塑性の性質は非常に高いといわれていますので、いち早くリカバリーするんじゃないかなと思います。』


スマホゲームをやっているよりは、空手の稽古をするほうが、学校の成績アップにつながる可能性がありますね。


3.2月22日の日経新聞の連載『カラダづくり』も「スマホによる脳過労」の特集です。  2.(4)の枝川教授のコメントが載っていました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①脳神経科学が専門の早稲田大学教授の枝川義邦氏によると、情報の整理を行う前頭葉のなかにある前頭前野という場所が、思考や意思決定、記憶や感情のコントロールなどをつかさどっている。

②脳過労になると前頭前野の機能が低下し、「単純なミスが増える、物覚えが悪くなる、イライラして怒りっぽくなる、意欲や興味がわかないなどの問題が生じてくる」(枝川氏)。

③これらは初期の認知症や抑うつ状態の症状に似ている。』


TOP↑

真面目な人は長生きする

『真面目な人は長生きする』(岡田尊司著 幻冬舎新書)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①〝良心的な〟〝真面目な〟人が長生きするという意外な事実に対して、フリードマンたちは、その原因分析を行っている。

②考えられる第一の理由は、真面目な人は健康を守ることに怠りなく、有害で危険なことをあまりしないということだ。  実際、真面目な人は喫煙率も低く、過量に飲酒することも少ない。  薬物を乱用したり、無謀な運転をすることもあまりない。  

③こうしたことから、さまざまな生活習慣病のリスクを下げることができると考えられる。  また事故死など、不慮の死の危険も減るだろう。

④第二の理由は、真面目な人がもつ遺伝的要素には、そもそも病気になりにくい特性が備わっている可能性があるということだ。  そうした遺伝的特性として、フリードマンらが推測している仕組みの一つが、セロトニンシステムである。

⑤セロトニンは脳内の伝達物質であるが、セロトニンの働きが弱いと、衝動的になりやすいことが知られている。  また、セロトニンの働きの低下は不安やうつと関係している。

⑥衝動性のコントロールがうまくできる人は、セロトニン系の働きが良く、危険な行動や耽溺(たんでき・・・不健康な遊びにおぼれること)的行動にも走りにくく、さまざまな危険を避けられるだけでなく、ストレスや不安レベルが低く、病気にかかりにくいのではないかという推測も成り立つだろう。

⑦そして、第三の理由として考えられるのは、真面目で自己コントロールのできる人は、健康的な生活環境を手に入れやすいということである。  実際にこのタイプの人は、より安定した職業生活、より安定した結婚、より安定した対人関係を長く保つ傾向がみられる。  それによって波乱を避け、生活の安定を維持し、無用のストレスを減らし、間接的に健康を守り、結果的に長寿に寄与するということになるのだろう。


2.①愛されることや世話をされることよりも、愛すること、世話をすること、人の助けになることが生存を守るということが、理論ではなく事実として、しかも80年という長期に及ぶデータによって裏付けられたことは大いなる救いを与えてくれているように思う。  (中略)

②実際、(フリードマンの研究の基になった)ターマンの研究の対象者の中でもっとも長寿を享受したのは、人に優しく接し、思いやりがあり、進んで人の助けになろうとした人たちであった。  エゴイスティックに自分の利益だけを優先し、思いやりや親切心に欠けた人は長生きできなかったのである。』

今年もあと10日になりました。  早いな~。

来年も、自分だけでなく周りの人たちがより幸せになれるよう、真面目に生きたいと思います。  それで長生きできるなら、こんなに良いことはありません(笑)

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT