FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

歩くだけでウイルス感染に勝てる

『歩くだけでウイルス感染に勝てる!』(長尾和弘著 山と渓谷社 2020年4月25日初版第1刷発行)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①大切なのはウイルス感染で死なないこと。  治療法がないウイルスへの対策は予防がすべてと言っても過言ではありません。  

②ウイルスで死なないためのキーワードは抵抗力と免疫力を上げること。  そのために必要な方法が「歩く」ことだと思います。

2.①(ウイルスが)生き物かどうかは意見が分かれるところですが、私は「物質」だと思っています。  だからウイルスが消えた場合は「死んだ」とは表現しません。  「不活化」といいます。

②生物とウイルスはどちらが先に生まれたのでしょうか。  人間の歴史は約20万年。  それに対し、ウイルスは数億年前から存在していたといわれています。

③ウイルスにはまだまだ謎が多く、わかっていないことだらけです。  人間にとってウイルスは大先輩。  だからこそ、ウイルスとの闘いに勝つのは容易ではありません。  人間の歴史を振り返ると、ウイルスに対して苦戦の連続だったことがわかります。

3.①人類がウイルスに勝利した少ない事例として、C型肝炎ウイルスが挙げられます。  (中略)  新薬の開発が進み、C型肝炎に効果がある薬剤が次々と誕生。  ウイルスの発見から約30年後に、C型肝炎は薬での完治がほぼ可能となりました。

4.実は、コロナウイルスはありふれたウイルスで、全部で6種類あるといわれています。  そのうち、いわゆる風邪ウイルスが4種類あり、5番目がSARS、6番目がMERSで、今回の新型コロナは7番目の新しいコロナウイルスです。

5.ウイルス対策は薬よりも予防につきます。  こまめな手洗いと、距離感を意識して密閉空間を避けることが基本です。  こまめに窓を開けて換気しましょう。

6.①もっとも有効なウイルス対策は、体力アップ、つまり抵抗力・免疫力を上げることです。  人口のワクチンではなく、いわば自然のワクチン(のようなもの)をつくっておくこと。

②ウイルスが体内に入ると炎症反応が起きて、免疫システムが作動しはじめます。  司令塔であるT細胞というリンパ球が、B細胞に、ウイルスに対する抗体をつくるよう指示を出します。  それを受けたB細胞がウイルスに対抗するための抗体をつくりはじめます。  こうしてウイルスを不活化させます。

③適度な運動を行うと、免疫システムが活性化されることがわかっています。  あくまでも「適度」というところがポイントです。  この「適度な運動」にちょうど良いのが、歩くこと=ウォ―キングです。

7.ウォ―キングに適した時間帯はあるのでしょうか。  ウイルス対策として考えるならば、できるなら毎日、太陽が出ている時間帯に歩いてください。  一般にウイルスは紫外線にとても弱く、紫外線に当たると不活化します。

8.(自律神経の)副交感神経といえば代表的な神経が「迷走神経」です。  わかりやすく言えばリラックス神経。  ウイルス流行期こそ迷走神経優位な生活を送りましょう。  (中略)  副交感神経を優位にするための「迷走神経生活」の一例をまとめました。  これらの生活を心がけることで、自律神経が整います。

①歩行を習慣化する
②暴飲暴食をせず、バランスの良い食事を心がける
③夕食は寝る3時間前までに終わらせる。  寝酒はやめる
④ヨガや太極拳で、呼吸を意識した静的な運動をする
⑤決まった時間に起き、朝日を浴びて体内時計をリセットする
⑥寝る前はクラシック音楽を聴くなどリラックス環境をつくる
⑦お風呂の温度を40度以下にして、交感神経を刺激しない
⑧人間関係の悩みを解消し、ストレスのかからない生活を意識する

9.①国によって(新型コロナの)検査法や基準が違うので感染者数の国際比較はあまり参考になりません。  死亡者数に注目すべきです。  日本は先進国中、最低レベルです。  新型コロナは極論すれば、かかっても仕方がない。  死ななければいいのです。

②「早くかかって免疫をつけておいたほうがいいよ」と公言する専門家も出ています。  そう考えると、封じ込めるとか、闘うというイメージよりも、「上手に付き合う」とか「上手に共存する」という方針に変わってくる可能性があります。

10.①気にしなければならないのは、重症化した人、死亡者数と両者の割合です。  陽性者が増えたといったって無症状の人が多いのですから、気の弱い人はコロナ報道など観ない方がいいです。

②もしそんな時間があるのなら歩きましょう。  情報よりも体力・抵抗力。

11.新型コロナウイルスも、現在はインフルよりも少し重篤な病気でしょうが、いずれ風邪のようにありふれた病気になります。  仮に感染しても自然治癒するかどうかは、まさに免疫力にかかっています。  もし特効薬が見つかれば状況が急展開する可能性がありますが、それまでの間、できることは自助努力しかありません。

12.①たとえ肺炎を発症しても、ほとんどの人は死にません。  日本の医療レベルはすごいものです。  日本には国民皆保険制度があります。  そして世界でいちばん清潔な国です。  街もトイレも水もきれいです。  毎日のように風呂に入り、温熱療法(HSPといいます)で免疫を高めているのは日本人ぐらいです。  清潔な生活環境と、まじめな国民性があるのでほかの国に比べて死亡率がずば抜けて低いのだと理解しています。

②ウイルスで死なないための戦略を立てなければならないのは、どのウイルスに対しても同じですが、基礎は抵抗力・免疫力です。  ウイルスで死なないために歩く。  この意識を皆さんで共有すれば、日本は新興ウイルスに強い国でいられます。

13.人間の歴史を振り返れば、新型コロナの次は8番目、9番目のコロナウイルスが必ず登場するのでしょう。  人間とウィルスとの付き合いは、人間が存在する限りずっと続くわけです。  (中略)  歩行習慣により、この国難を乗り切ることができると信じています。』

私は今朝も、日課の「立禅・意拳」と「ウォ―キング」でした。  本書でいうように、自助努力で抵抗力・免疫力を上げるしかありません。

緊急事態宣言で、道場は休講せざるを得ませんが、現在150人以上の方々に参加していただいているオンライン稽古を通じて、会員の皆さんの抵抗力・免疫力がアップされれば幸いです。

TOP↑

セロトニンその2

1.前回に続き、セロトニンについてです。  健康増進クリニック院長の水上治さんが書かれた『日本人に合ったがん医療を求めて』(ケイオス出版)の「日本人は脳内のセロトニン代謝が低い」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①最近の研究によると、日本人は欧米人に比べ脳内のセロトニン代謝が低いと言われます。  

②セロトニンとは脳内の神経伝達物質の一つで、これが不足すると精神的に不安定になり、うつ病になりやすいと考えられます。  このことから、日本人は欧米人に比べ、うつ病になりやすい傾向があると思われます。

③セロトニンには「セロトニントランスポーター遺伝子」というセロトニンの伝達情報が書き込まれた遺伝子があります。  これは長いL型と短いS型に分かれ、さらに細かく分類すると、「LL型」と「SL型」と「SS型」になります。

④「LL型」は前向きな気持ちで過ごすことが多く、試練に対してポジティブに反応する能力が高いのですが、「SS型」は不安を感じやすい傾向があります。  アジア人はSS型が多いので不安を感じやすく、欧米人はLL型が多いので不安を感じにくいようです。

⑤中でも日本人は「SS型」保有者が欧米人に比べ2倍も多いのに、「LL型」保有者はわずか3%とおそらく世界で最も少ないのです。  米国人は「LL型」保有者が32%ですから、セロトニン代謝上は日本人は米国人よりも10倍うつ病になりやすいと推測されます。』

前回紹介した医学博士の有田秀穂さんによると、セロトニン代謝を上げるには、①リズム運動、②太陽光を浴びる、③人と人との心の触れ合い、④(1分間に3、4回の)ゆっくりとした呼吸が効果的だそうです。


2.新型コロナウィルスの影響で、今週末も東京都から外出自粛要請が出されています。  ネットやマスコミ報道を見ると、さまざまな意見であふれています。

政府・地方行政・所属組織(会社や学校など)の指示に従うこと、手洗い・うがい・マスク着用など衛生面に気を付けること、「密閉」「密集」「密接」の「3つの密」を避けること、は当然必要でしょう。

また、自然治癒力を高めるために、バランスの良い食事、十分な睡眠・休養、適度なストレス発散、も大切だと思います。  

でも、こういう非常時に一番大切なのは、自分自身の「直感」や普段の「生活信条」ではないでしょうか。

TOP↑

セロトニン

1.3月8日のブログで「スマホによる脳過労」を取り上げました。  今回は「セロトニン」です。  セロトニンをネット検索すると、次のように書かれています。

『セロトニンとは、しあわせホルモンと呼ばれる脳内ホルモンで、「ノルアドレナリン(神経を興奮)」や「ドーパミン(快感を増幅)」と並び、感情や精神面、睡眠など人間の大切な機能に深く関係する三大神経伝達物質の1つです。  脳は緊張やストレスを感じるとセロトニンを分泌し、ノルアドレナリンやドーパミンの働きを制御し、自律神経のバランスを整えようとします。  しかし、ストレスや疲労が溜まると、セロトニンの分泌量が減ったり、働きが制限されたりしてしまいます。』


2.セロトニン研究の第一人者で、医学博士の有田秀穂さんが書かれた、『太陽の浴び方』(山と渓谷社)を読みました。  

有田さんによると、相談に来る人のよくある生活は次のようなパターンだそうです。  

『①朝、出勤するとき、スマホを歩きながら、あるいは電車の中で使用。

②会社に着くと今度はパソコンの前に座り、息を詰めながら液晶画面を睨む作業を続け、昼休みもパソコンを見ながらコンビニ弁当。  

③午後もパソコン漬け、帰路にまたスマホ。

④帰宅すると、ゲームやインターネットで気晴らし、ベッドに入ってもスマホ。

⑤セロトニン神経には最悪の生活なのだが、そうとは気付かずに暮らしている。』


3.本書中の「太陽の恵みを受ける生活とは」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①太陽が出ているときに、帽子を被ったり、長袖を着たり、UVカットの化粧品を使用したりしても、外を歩けばセロトニン活性になる。

②網膜に2500ルクス以上の光が当たることが必要なだけで、皮膚に当たる光は、脳内のセロトニン分泌に全く影響しない。

③ただし、サングラスをつけるのはNGである。』


4.「歩行リズム運動で脳内セロトニンを増やすコツ」の項からも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①どこかへ移動するためではなく、健康や元気になるために、すなわち脳内セロトニンを増やすために行うのが、ウォーキングやジョギングの生活習慣だ。

②この行動は、間違いなく脳内セロトニン分泌を促して、元気な状態を作り出す。

③朝日を浴びながらやれば、二重のセロトニン活性効果になる。』


5.別の項で、セロトニン活性効果のあるリズム運動として、ウォーキングやジョギング以外に、サイクリング、縄跳び、ラジオ体操、太極拳が挙げられています。  空手の基本稽古も一種のリズム運動ですから、セロトニンを増やす効果がありますね。

ちなみに私も、最近、毎朝約30分のウォーキングを行っています。  太陽が出ている日は最高の気分です。



TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT