FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

ガバナビリティ

2017年に86歳で亡くなられた渡部昇一先生が書かれた『レトリックの時代』(講談社学術文庫)を読みました。  1977年にある雑誌に書かれた「ガバナビリティと自由国家」という文章が掲載されています。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①ガバナビリティ(governability)はこちら側に統治力があるかどうかではなく、相手側がこちらに統治されてくれるかどうか、その相手側の被統治能力を問題にしているのである。

②たとえば、飼いならし、訓練すれば、いかようにも主人の言うことを聞く犬などは、きわめてガバナビリティのある動物である。  これに反して、ネコはかなりガバナビリティが低く、オオカミのような野獣には、ほとんどガバナビリティがない。  (中略)

③ガバナビリティを〝被統治能力〟と訳してもあまりピンとこない。  そこで意訳して「上の者の言うことに対して、聞く耳を持つ状態」というふうに訳してみたらどうだろう。

④ガバナビリティに相当する英語には〝従順〟(obedience)という単語がある。  (中略)  ところが、今の世の風潮は〝従順〟と〝卑屈〟を同意義に解釈しているところがあって、従順がなんだか恥ずべきことのような語感をもっているようである。  (中略)

⑤ある組織体が成り立つためには指導者の能力もさることながら、その成員に従順、あるいはガバナビリティがなければ、うまく動かない。  戦前の日本人はガバナビリティがすこぶる高い国民であったから、いいかげんな指導者の下でも、よく戦う兵士がいっぱいいた。  (中略)

⑥イギリスがかって世界の指導的地位を占めることができたのは、国民のガバナビリティが高かったことによる。  よくイギリスの兵士1人は、大陸の雇い兵7人に相当する、などと言われたものだが、それはイギリスの兵士がしばしばヨーマン(独立自営農民)出身であり、命令をよく聞く軍隊だったからである。  (中略)

⑦この伝統はアメリカにも受けつがれたといってよい。  国民のガバナビリティを信頼することができれば、国家としても圧制を行なう必要はあまりないことになる。  民主主義がアングロ・サクソン圏で最も早く実現したのは、これによるものであると言ってよかろう。

⑧日本の場合を考えると、いちじるしくアングロ・サクソンと似たところがある。  明治維新があのように成功し、日清・日露の両役の勝者になれたのは、国民のガバナビリティがずば抜けて高かったからである。  日本兵は「進め」と言われれば進み、「守れ」と言われれば死んでも守った。  この国民的特質によって、有色民族のなかでは、はじめて白人の植民地主義帝国と戦ったのである。  (中略)

⑨ガバナビリティのない大衆を前にしたときに、指導者たるものは断固たる独裁者にならざるをえない。  そういうところでは、いわゆる民主主義でやれば各人が砂つぶのごとくバラバラで近代国家として機能しなくなるからである。  ロシア革命後のソ連がそうであるし、共産革命後のシナ(中国)がそうである。  (中略)

⑩日本が敗戦に向かって足を踏み出したのは、正に満州事変であった。  それは出先の軍隊が政府の命令をきかず、かってに紛争を起こしたのであって、ガバナビリティ喪失の第一歩であった。  (中略)  まだ兵士の間ではガバナビリティ・・・これを軍律という・・・が保たれていたが、それも徐々に失われていったようだ。

⑪われわれは、アメリカは自由主義の国だから、自己中心で戦争には弱いだろうと教えられていた。  しかし、本当は自由主義でも国が成立するほどガバナビリティのたかい国である、と解釈するべきであった。  だから、ハーマン・ウォークの『ケイン号の反乱』などのような戦争体験にもとづいた小説を読むと、アメリカ軍の服従関係の厳しさに目を見張る思いがするのである。

⑫われわれはここでひとつ重大なパラドックス(正しそうに見える前提と、妥当に見える推論から、受け入れがたい結論が得られること。  逆説。)を見るのである。  

⑬すなわち、従順とほとんど同意義の被統治能力(ガバナビリティ)をもつ国民こそが偉大な国民であり、個人の自由度の大きな社会生活をエンジョイできるのに反し、ガバナビリティのない国民は、全体主義によって近代国家としてまとめられるので、個人の自由度はきわめて小さくなり、いわゆる近代奴隷国家に落ち込むのである。』

ガバナビリティは、〝素直さ〟と言い換えてもいいかもしれません。

素直なことは、生きていく上で最も大切なことの一つだと思っています。



  

TOP↑

ホー・チ・ミンと毛沢東

『知略の本質』(野中郁次郎他著 日本経済新聞出版社)を読みました。 『第3章 インドシナ戦争・・・ゲリラ戦と正規戦のダイナミックス』の中の「ホー・チ・ミン戦略」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。  ホー・チ・ミンは1920年代からのベトナム独立運動を指導し、1960年代のベトナム戦争を勝利に導いた人物です。

『(1)ホー・チ・ミンは、ゲリラ戦だけでは勝ちきれず、最後に勝利を得るには、毛沢東が理論づけ実践したように、消耗戦になることをよく理解していた。  (中略)  

(2)毛沢東は戦略的ゲリラ戦ともいうべき「遊撃戦」の概念を生み出し、資源の質・量的に圧倒的に格差があるにもかかわらず、蒋介石が指揮する強力な国民党政府軍に勝利した。  (中略)

(3)絶対的兵力数では「一をもって十にあたる」では、量的に勝てないが、あるコンテクスト(情況)に引き込むと、「十をもって一にあたる」という時空間が創造でき、そこでは逆転勝利を収めることができる。  敵を根拠地に深く誘い入れ、固定した戦線という兵站を持たず、必ず緒戦は勝つという原則を持つ。

(4)毛沢東は
①「敵進我退」(進めば退き)
②「敵駐我攪」(駐まれば乱し)
③「敵疲我打」(疲れたら打ち)
④「敵退我追」(退けば追う)
という「十六字訣」を掲げた。

(5)こうした毛沢東の「遊撃戦」の概念をよく理解したホー・チ・ミンの「軍事戦略」の特徴は
①「先手」をとる
②㋑パワー、㋺配置(空間)、㋩タイミング(時間)、㋥策略を総合する
③人民の総力をあげてゲリラ戦と消耗戦を組み合わせる
④敵のハートとマインドを攻撃し味方につけ「戦わずして勝つ」
⑤戦争の始めと終わりを知る
という点にある。』

(4)毛沢東の「十六字訣」と(5)ホー・チ・ミンの「軍事戦略」は、空手の試合にも活かせますね。

特に、「十六字訣」はチーム城西のメインテーマにしたいくらいです。

「十六字訣」を試合に活かす大前提は、肉体・精神の両面のスタミナ(持久力)だと思います。

明日は久しぶりに審査会です。  受審する皆さん、頑張ってください。

TOP↑

自ら明かりを燈せ

1.昨年8月に47歳の若さで亡くなられた瀧本哲史さんが、2012年6月30日に東大で行った講義録『2020年6月30日にまたここで会おう』(星海社新書)を読みました。  『自ら明かりを燈せ』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。 

『①ワイマール共和政というのは、第一次世界大戦終戦後にドイツでできた政体ですね。  皇帝が退位したあとに、基本的人権とか社会権も明記したきわめて理想的な憲法がつくられて、素晴らしい民主的な国家ができたんです。

②ところが、理想だけは素晴らしいのに内実はボロボロで、政党はまとまらないし国としてもダメダメで。  もうほんとにダメだってときに、元軍人の、といっても伍長でしたが、ひとりの売れない画家の人が、「俺が何とかしてあげよう」と言って、出てきました。  (中略)

③その人、最初のうちはホント良くて、経済政策が大当たりして国の景気もむちゃくちゃ良くなり、「やっぱりあの人に任せて良かった」と国民の多くが思ったんですが、その後どんどん変なことをやり始めて、あちこちにいろんな敵をつくって攻撃したり、やたら戦争を起こしたりして、結果的にドイツは大変なことになりました。

④はい、ナチスのアドルフ・ヒトラーって方です。

⑤けっこう今、日本もそれに近いところがあるんじゃないかと心配をしています。

⑥ちょっと前も、理想的な政権がつくられたはずだったんですけど、フタを開けてみたらぜんぜんダメで、「政治家はどいつも当てにならない」って空気が蔓延しているところに、「西のほうにすべての問題を解決してくれるいい人がいるかもしれない」みたいな流れが、最近ありますよね。

⑦でも、それってまずいんじゃないかと思うんですよ。  (中略)  誰かすごい人がすべてを決めてくれればうまくいく、という考えはたぶん嘘で、「みなが自分で考え自分で決めていく世界」をつくっていくのが、国家の本来の姿なんじゃないかと僕は思っています。

⑧仏教には「自燈明」という言葉があります。  開祖のブッダが亡くなるとき、弟子たちに「これから私たちは何を頼って生きていけばいいのでしょうか」と聞かれて、ブッダは「わしが死んだら、自分で考えて自分で決めろ。  大事なことはすべて教えた」と答えました。

⑨自ら明かりを燈せ。  つまり、他の誰かがつけてくれた明かりに従って進むのではなく、自らが明かりになれ、と突き放したわけです。

⑩これがきわめて大事だと僕は思いますね。』

瀧本さんについては、2018年5月13日のブログでも、『ミライの授業』(瀧本哲史著 講談社)を取り上げました。


2.最近『NETFLIX』にはまっています。  でも、映像というのはその内容や感動を、ブログではちょっと紹介しにくいです。

ということで、今回からブログの副題を、従来の『私の備忘録』から『私の読書録・備忘録』に変更することにしました。




TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT