FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

ヴァレリー『湖に浮かべたボートを漕ぐように』

1.『湖に浮かべたボートを漕ぐように、人は後ろ向きに未来へ入っていく。  

目に映るのは過去の風景ばかり、明日の景色は誰も知らない』

ネットで検索したポール・ヴァレリー(フランスの著作家・詩人 1871~1945)の詩です。つまり、「未来は誰にも分らないのだから、過去の事例から類推するしかない」ということだと思います。


2.『なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議』(半藤一利編・解説 文春新書)を読みました。  月刊誌『偕行』で1976年~1977年にかけて連載された、太平洋戦争開戦時の陸軍中堅参謀の座談会記録と半藤さんの解説です

半藤さんが書かれた「余話と雑話・・・あとがきに代えて」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『(1)①一つだけ、本書ではまったくふれられていないことを付け加えておきます。  こうして世界情勢が急展開しているとき、日本の国民はどうしていたのか、ということです。  これがまた情けなくなるほどメディアに煽られて勇み立っておりました。

②たとえば(1941年)10月26日の東京日日新聞(現・毎日新聞)の社説です。読めば読むほどいやはやとため息がでてくるばかりの大言壮語。

「戦わずして日本の国力を消耗せしめるというのが、ルーズヴェルト政権の対日政策、対東亜の根幹であると断じて差支えない時期に、今や到達していると、われらは見る。  (中略) われらは東條新内閣が毅然としてかかる情勢に善処し、事変完遂と大東亜共栄圏を建設すべき最短距離を邁進せんことを、国民と共に希求してやまないのである」

「最短距離」とは戦争をやれ、ということですね。  (中略)

③(臨時国会では)島田俊雄議員も大声をあげます。  「ここまでくれば、もうやる外ないというのが全国民の気分である」  東條首相もこう獅子吼(ししく)します。  「帝国は百年の計を決すべき重大なる局面に立つに至ったのであります」

④これをうけて新聞は、それぞれ勇ましい論陣を張りました。  「一億総進軍の発足」(東京日日新聞)、「国民の覚悟に加えて、諸般の国内体制の完備に総力を集中すべき時」(朝日新聞)。  どこもかしこも対米強硬の笛や太鼓ではやしつづけていたわけです。


(2)①もう一話。  戦争に踏み切れと鼓舞したような東京日日の社説が載った一月後の11月26日、千島列島の単冠湾から南雲忠一中将指揮の大機動部隊が、(ハワイの)真珠湾めざして出撃していきました。  

②そして同じ日、京都では高坂正顕、高山岩男、西谷啓治、鈴木成高の座談会が行なわれていました。  当代きっての有識者の彼らは説いています。  (中略)

③そしていちばん最後に高坂正顕がいいきりました。

「人間は憤る時、全身をもって憤るのだ。  戦争だってそうだ。  天地と共に憤るのだ。  そして人類の魂が清められるのだ。  世界歴史の重要な転換点を戦争が決定したのはそのためだ」

④さてさて、(真珠湾を攻撃した)1941年12月8日、日本人はみんなほんとうに憤っていたのでしょうか、当時11歳のわたくしにはそうは見えなかった記憶があるのですが。』

これを読むと、メディアも政治家も有識者も間違うことがあるようです。  1月13日のブログで紹介したように、自分自身の「教養という座標軸」が必要ですね。  


3.同じく「余話と雑話・・・あとがきに代えて」の末尾に次のような記述があり、感銘を受けました。

『読書にはどんな種類の愉しみがあるのでしょうか。  その人その人によって、もちろん違うでしょうが、もし共通の愉しみがあるとすれば、おそらくおのれの知的好奇心の満足ということになるのではないか。

老躯となった自分(※半藤さんは1930年生まれ)の体験でいえば、人生は忙しく短し、そして面白そうな本はいっぱいある、と。  であるから、本書を手に取った読者の好奇心を100パーセント満足させる、そうであるようにできるだけ頑張るのは、まさしく歴史探偵の仕事なのです。  老齢なんか関係ありません。  それで長い長い「あとがき」になりました。』

TOP↑

日本海軍とレーダー開発

1.『「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ』(鈴木博毅著 ダイヤモンド社)を読みました。  『失敗の本質13 イノベーションの芽は「組織」が奪う』から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①1944年6月に行われたマリアナ沖海戦は、空母対空母の日米海軍決戦となりましたが、レーダーによる戦闘機の待ち伏せやVT信管の登場で終始米軍が圧倒し、日本は航空機の70%以上、約400機の戦闘機を失います。  この戦闘で日本側は空母3隻を撃沈され、第一機動艦隊は事実上崩壊しました。

②では、戦局を大きく変えた最新兵器レーダーは日本では開発されていなかったのでしょうか。  いいえ、一部の日本人は懸命に開発努力をしていたのです。  (中略)

③1941年の8月、海軍技術研究所で無線技術担当の伊藤庸二中佐を主任としてレーダー兵器の開発が始められますが、日本人科学者たちは、予想外の大きな壁に何度も阻まれます。 (中略)

④海軍軍人たちは、自分たちの知らなかった技術・兵器であるレーダーの重要性を、ほとんど理解することがなかったようです。  (中略)

⑤あげくの果てに、研究所のスタッフが試作品を戦艦に設置しようとしても、レーダーの設置場所をもらえない。  「こんなかんざしみたいなものは、艦橋につけるわけにはいかない」と、アンテナのスペース確保を拒否される。  (中略)

⑥当時、レーダーの中核技術であるマグネトロンの研究においては、日本はアメリカよりもはるかに進んでいたと言われています。  これら優位性を活かすことができなかった大きな要因は、「日本海軍という組織が既存の認識を変えることができなかった」からです。  (中略)

⑦極めつけは、前述の「マリアナ沖海戦」において、日本機動隊が大打撃を受けたのち、反撃のため出撃させた艦上攻撃機「天山」10機の逸話です。

⑧夕方から発進する夜間攻撃隊として「天山」は出撃したのですが、帯同していた日本人科学者が苦労して取り付けたレーダーを、戦果にあせる攻撃隊のパイロットたちが全部取り外してしまい、その代わりに魚雷を搭載して出撃したのです。  (中略)

⑨結局、夜間攻撃隊は敵を発見できず、戦果のないまま帰艦しました。  せめて一機か二機でもレーダーを装備して出撃すれば、戦果を挙げられたかもしれません。  (中略)

⑩一方の米軍は、軍人が知らない科学技術でも、成果につながる可能性に気づき、多くの科学者に自主性・自立性を確保した研究環境を与え、彼らに能力を最大限発揮させることでベストの成果を期待しました。』


2.本日(日本時間)行われた、今年のスーパーボウルへの出場をかけたNFLのカンファレンス・チャンピオンシップは、NFC・AFCともにオーバータイムに突入する激闘でした。  私が応援するAFCのニューイングランド・ペイトリオッツは3年連続で勝ち上がり、NFCチャンピオンのロサンゼルス・ラムズと2月4日(日本時間)、第53回スーパーボウルで戦うことになりました。  勝てば、2年ぶり6度目の優勝です。

TOP↑

国家と教養

『国家と教養』(藤原正彦著 新潮新書)を読みました。   

1.第6章「国家と教養」の序文および「西洋崇拝の教養と決別する」の項からから抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①18世紀後半には、英仏に後れをとっていたドイツに、「古典に精神を学び、人格の陶冶を図る」という教養主義が生まれました。  (中略)  これを見ていた我が国は、明治維新より軍隊、憲法、高等教育などでドイツを手本とした国造りをしました。  (中略)  

②そしてこれら人文的教養に身を包んだ教養層が、20世紀になって、ドイツでも日本でも、第一次大戦、第二次大戦という歴史的愚行に際し、ほとんど抑止力とならなかったことを見ました。  (中略)

③両大戦を経て世界のスーパーパワーに躍り出たアメリカが、教養とは対局にある功利主義の国であったことや、科学技術の驚異的発展などが人文的教養のさらなる地位低下に連なったことも見てきました。

④しかしながら一方で、諸現象の真髄を見抜くために、知識や情緒に根差した物差しは欠かせません。  とりわけ、ますます広範に渡り深化する情報社会を生き抜くためには、この物差しの必要性はかってより増していると言えます。  (中略)

⑤これからの教養とは一体何でしょうか。  それは従来の教養のごとく、少数のエリートにより独占されるものではありません。  独裁政権や軍事政権の下では、瞬く間に排除あるいは抑圧されてしまうからです。  我が国に強く見られた、西洋崇拝に基づいた教養のひ弱さも第5章で見ました。  (中略)

⑥これからの教養は書斎型の知識ではなく、生を吹き込まれた知識、情緒や形と一体となった知識です。

⑦まず情緒ですが、ほぼ先天的に備わっている喜怒哀楽ではありません。  それなら獣にもあります。  より高次元とも言える、後天的に得られるもの、すなわちその人が生れ落ちてからこれまでにどんな経験をしてきたか、によって培われる心です。

⑧どんな親に育てられたか、どんな友達や先生と出会ってきたか、どんな美しいものを見たり読んだりして感動してきたか、どんな恋や失恋や片思いをしてきたか、どんな悲しい別れに出会ってきたか・・・・・・などにより形成されるものです。

⑨また形とは、日本人としての形、すなわち弱者に対する涙、卑怯を憎む心、正義感、勇気、忍耐、誠実、などです。  論理的とは言えないものの価値基準となりうる、獣ではない人間のあり方です。  (中略)

⑩一人前の人間として「大切な教養については、人により言い方が異なります。  東京女学館女子中学校の校長をしていた四竈経夫先生は「私が生徒にどうしても伝えたいのは三つのこと、読書と登山と古典音楽の愉しさです」と私に語りました。

⑪ある会社の社長は「人間にとって最も大切なのは、人と付き合い、本を読み、旅をすることだ」と言いました。

⑫手塚治虫はこう言いました。  「君たち、漫画から漫画の勉強をするのをやめなさい。  一流の映画を見ろ、一流の音楽を聴け、一流の芝居を見ろ、一流の本を読め。  そしてそれから自分の世界を作れ」。  表現は様々ですが、大体、私と同じことを言っているように思います。』

2.同じ章の「論理の危うさ」の項からも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①人間は論理的に考えるだけでは、物事の本質に到達することは決してできません。  『国家の品格』で詳述しましたように、実生活において、論理などというものは吹けば飛ぶようなものです。

②人を殺してはいけない論理も、人を殺してよい論理も、少しでも頭のいい人ならいくらでも見つけることができます。

③状況や立場や視点によっていくらでも変わりうる、変幻自在な論理などに頼ることなく、一刀両断で真偽、善悪、美醜を判断できる座標軸がぜひとも必要な所以です。

④教養という座標軸のない論理は自己正当化に過ぎず、座標軸のない判断は根無し草のように頼りないものです。』

  

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT