FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

メンタンピン戦略

『ビジネスをつくる仕事』(小林敬幸著 講談社現代新書)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①マージャンの戦略からビジネスをつくる戦略を考えてみよう。  偶然とうまく付き合うには、将来、どんなことが起こってもプラスになるように、可能性をできるだけ広く取りながら柔軟にことを進めるのが大切である。

②ビジネスの状態が悪くなってくると、どこの企業でも、選択と集中といった戦略の名のもとに事業分野を絞り込み、さまざまな可能性の芽を摘んでしまう。  これは、マージャンの初心者がよくやる、チンイツ、ホンイツばかりを狙う「ホンイツ戦略」に陥っていないだろうか。  いまの時代には、状況の変化に柔軟に対応する「メンタンピン戦略」こそが必要だろう。

③マージャンの「ホンイツ(混一色)」とは、一つの種類の牌(パイ)を集めてあがる役である。  はじめにホンイツ狙いに決めると、戦いの序盤では、とにかく集めると決めた種類の牌を残し、それ以外の種類の牌を捨てればいいので、判断が容易にできる。

④「メンタンピン戦略」というのは、タンヤオやピンフといった、あがりやすいが点が低い役を複合させる戦略で、上級者も採用するマージャンの基本戦略である。  状況がよければ、タンヤオやピンフ以外の様々な役とも複合して高得点を目指したり、状況が悪いと、低い点で早く簡単にあがろうとしたりする。  それだけに状況判断が難しいともいえるが、上級者には、それが面白いのだろう。

⑤ビジネスの状況が厳しくなると、しばしば選択と集中とかいっていろいろな事業を切ってしまう。  結局のところ、いま、儲かっているかどうかということだけで、集中する分野を決めているようにさえ見える。  マージャンの初心者が、最初に自分に配られた牌を見て、一番多い枚数の種類に決めつけて、ホンイツを狙い出すのと似た風景だ。

⑥マージャンにおける「ホンイツ戦略」の欠点は、いわば「決め打ち」戦略であることだ。  最初の外形的な基準でのみ方向性を決め、しかも状況が変わっても方針を変更できないやりかたでその方向に突き進む。  また、単純な作戦なので相手にばれやすい。  ビジネスでいうと、競合他社に対策を取られやすく、交渉相手に足もとを見られ、成功が難しく、大きな損失案件になる可能性の高い事業戦略といえよう。

⑦事業の創造に役立つ「メンタンピン戦略」とは、将来に起こりうる多様な事態を柔軟にプラスに捉え直していく戦略となる。  最終的にどうあがるかを決め打ちせずに、三つ以上のいろいろな成功の可能性を維持しつつ、来た牌をできるだけ肯定的に捉えて、目標を変えていく。

⑧そして外部の状況の変化に合わせて、こちらの目標のレベルも変えていく。  上振れの期待として八千点の役を目指していても、敵がもっと大きな点でいまにもあがりそうなら、スピード優先で目標を下げて低い千点の役で先にあがってしまう。  また、あがれそうもないなら、振り込みをして損失を拡大しないように、防御に徹する。』

著者は商社マンとして「お台場の大観覧車」や「ライフネット生命」の立ち上げをされたそうで、抜粋した⑧の後は「ライフネット生命」の立ち上げの際の「メンタンピン戦略」が書かれています。

極真空手の試合においても、マージャンやビジネス同様、事前に相手との戦い方を決めつける「ホンイツ戦略」でなく、状況に応じて戦い方を変化させる「メンタンピン戦略」が重要ですね。

マージャンをやったことのない方には、理解しにくいかもしれません(笑)

TOP↑

稲盛和夫さんJAL再生

1.先週末、京都・極真祭への往復車中で『稲盛和夫 最後の戦い』(大西康之著 日本経済新聞出版社)を読みました。  副題は『JAL再生にかけた経営者人生』です。  


2.JALの破綻から再生までを時系列で見てみます。

『①2010年1月19日、経営不振・債務超過を理由に、日本航空(JAL)は子会社2社とともに東京地方裁判所に会社更生法の手続を申請。

②2010年2月1日、 稲盛和夫・京セラ株式会社代表取締役名誉会長が会長に就任。  2010年2月20日、上場廃止。

③2011年3月28日、会社更生終了。  2012年9月19日、経営破綻に伴う上場廃止から2年7カ月ぶりに、東京証券取引所第1部に再上場。

④2013年3月31日、稲盛会長が退任。』


3.以下は稲盛さんの略歴です。

『①1932年鹿児島県鹿児島市薬師町生まれ。

②1959年、社員8人で京都セラミツク(現京セラ)を設立し、1966年に社長に就任。  1969年、株式上場。  ファインセラミックスの技術で成長する。

③1984年には第二電電(DDI)を設立(後にケイディディと合併し、今日のKDDIとなる)。  その独特な経営管理手法は「アメーバ経営」と呼ばれている。

④2010年1月に日本航空の代表取締役会長として日航再建に取り組むよう、鳩山由紀夫首相(当時)から要請され、2月1日から、日航の会長を無給で務め、見事にJALを建て直すことに成功した。』


4.本書から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①2013年3月19日の退任の記者会見。  経営の一線を去るにあたり、国際競争力を失いつつある多くの日本企業の経営者へのメッセージはあるか、と問われると、稲盛はこう言った。  「日本企業のリーダーは、もっと強い意志力で会社を引っ張っていかなければならない。  経営には格闘技と同じように闘魂がいる。  闘志なき経営はダメだ。  経営者は、自分の会社を何としても立派にしてみせる、という闘魂を燃やしてほしい」

②(京セラから会長補佐としてJALに来た)大田は稲盛のフィロソフィをJALに浸透させるため、稲盛のスローガンをポスターにしてオフィスに貼ろうと提案した。  「新しき計画の成就は只 不屈不撓の一心にあり さらばひたむきに只想え 気高く強く一筋に」  稲盛が尊敬する思想家、中村天風の言葉である。

③この頃、稲盛はある種の達観した境地に至っている。  第二電電とほぼ同時期に、稲盛財団と盛和塾を立ち上げているのだ。  (中略)  そうは言っても京セラや第二電電の経営は慈善活動ではない。  ビジネスとしてやるからには絶対に勝つ。  稲盛は私心を否定し利他の心を説く一方で、ひとたび競争になると相手を完膚なきまでに叩きのめす。

④(前略)  無給で取り組んだJAL再生も同じだ。  動機が正しいのだから、自分が負けるはずがない。  ピンチの連続だったJALでの3年間、「失敗するかも、と考えたことは一度もありません。  そういうネガティブな気持ちを一度でも持ったら、本当に失敗していたかもしれませんね」。

⑤「自分は正しい」  一点の曇りもなくそう信じ込めるところが、稲盛の強さである。』


木曜日から中国・煙台です。  事務所は新しいビルに入ったのですが、先月末の出張時には電気系統が未完成(?)で、クーラーが入りませんでした。  軽い熱中症にかかったのか、帰国後に体調を崩しました。  今回はクーラー効くのかな~(笑)

TOP↑

加藤誠三朗さん

経営者の方が書かれた本を三冊読みました。

1.『熱意力闘』(潮田健次郎著 日本経済新聞社)

潮田さんは住生活グループの創業者です。  長男で現在の代表執行役会長・潮田洋一郎さんが書かれている第Ⅲ部「父、潮田健次郎を語る」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①最晩年の介護にあたってくれた妹の話では、ある時父が「私は怖いんだよ。  すべてがなくなりそうで。  だから時々、激しい言葉がでてしまう」と謝りながら語ったそうだ。  

②事業における脇の堅さは、人一倍の恐怖心の強さが為せるわざだったようにも思う。  恐怖心が強いことは創業者にとって多分美質だろう。  

③そのために、徹底的に考える。  朝令暮改などは日常茶飯事で、会社の幹部一同よくそれに振り回された。』


2.『運をつかむ技術』(澤田秀雄著 小学館)

澤田さんはHISの会長です。  第4章中の『「運の悪い人」実験』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①私は運の悪い人、悪い気を持つ人に近づくなと言っているが、自分に余裕があるときには、そうした人たちを助けたい、チャンスをあげたいと思うこともある。

②と同時に、陰陽の考えに基づいて、ちょっと調子が良すぎるときにスピードを調整するため、あえて倒産を経験した元経営者など、あまり元気のない人たちを自分の周りに配した。  言葉は悪いが、ある意味、運についての実験の意味も持っていた。

③結果としては、やはり私の運はかなり落ちた。  実はその最後に招いたのが、ライブドア事件の大混乱だった。』


3.『経営者が欲しい、本当の人材』(加藤友康著  ワニブックス新書)

加藤さんは「つるとんたん」で有名なカトープレジャーグループ代表取締役兼CEOです。  第四章中の『「できません」をいわない社風』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①私は大学を卒業するとすぐに代表者になり、弟は主任という立場で事業を再スタートさせました。  その様は、他人からは異常に思われたかも知れません。  弟を完全に部下として扱い、怒鳴りつける。  弟はそれに耐え、必ず「やります」と答える。

②普通の兄弟であれば、「兄貴。ふざけるなよ」といった文句が出てもおかしくないのに、彼はそういうことを一切いいませんでした。  今も私を「兄貴」と呼ぶことはありません。  そういう特殊な生き方をお互いに約束をして、やってきたわけです。

③のちに人づてに聞いたのですが、「自分は兄弟という立場を捨て、兄を立てて生きることを決断した。  だから彼の前では『できません』とは絶対にいわないようにする」と語っていたそうです。』

毎年大阪で行われる全日本ウェイト制大会の前日、加藤社長に「つるとんたん」でご馳走していただくようになって10年以上が経ちます。  数年前のその席で弟の誠三朗さんとなぜか冷酒の一気飲みをしてしまい、千鳥足で帰ったことを思い出しました(恥)。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT