FC2ブログ

三船久蔵十段からのヒント

1.柔道の三船久蔵十段(1883~1965)の生涯を描いた『荒ぶる魂』(嶋津義忠著 PHP文芸新書)を読みました。  三船十段は、身長159cm・体重55㎏と小柄ながら「空気投げ」などの新技をあみ出し、「柔道の神様」と言われた柔道家です。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『(1)①相手を倒すことから始めた柔道だから、久蔵は立ち技の方が性に合っていた。  得意技は持たない。

②勝敗は、相手の虚(弱点)をつき、迅速に動いて敵を倒すことで決まる。  得意技があったとしても、相手はその技に入るかたちになってくれるとは限らない。  そのかたちを作ろうと努めれば、そこに虚(弱点)が生じて、相手につけ込まれる。

③体の動きは千変万化ゆえ、お互いに多様な虚(弱点)を作り出す。  その虚(弱点)に適応した技を繰り出した方が、勝ちを得ることになる。

④久蔵はそう考えるから、得意技を作ろうとしなかった。  多くの技を研究し、生涯に一度しか使うことがなくても、それでよい、と思っている。

(2)①「これまでは、押さば引け、引かば押せ、と言われてきた。  そこから進んで、おれは、押さば回れ、引かば斜めに、と言いたい。  つまり、大事なことは円運動なんだ」と久蔵は言う。  

②相手が押してくる。  それは直線的な力の働きである。  そのとき、こちらが回って背後を押してやれば、相手を前へ突き飛ばすことができる。  

③相手が引くときも同じである。  こちらは斜めに出て押してやればいい。  それは自分が球になることだ。

(3)まだまだ、(空気投げの)完成にはほど遠い。  練り上げ、精度を上げ、美しくしなければならない、と久蔵は思う。  よい技はすべからく美しいのだ。』


2.私の感想を書いてみます。

(1)①の「得意技は持たない」について

松井館長・フィリョ師範・木山監督などの世界チャンピオンに共通するのは、「得意技は○○」という評価がされないことです。  逆に言えば、手技・足技のどの技を取り上げてもすべてが強力で、ひとつの技に絞り切って評価できない、ということだと思います。  世界チャンピオンになるには、すべての手技・足技がトップレベルで使いこなせるオールラウンドプレーヤーであることが必要です。

(2)①の「押さば回れ、引かば斜めに、と言いたい。  つまり、大事なことは円運動なんだ」について

昨年は両手押しが解禁になり、今年の第50回全日本大会から「場外」注意がルールに盛り込まれました。  実際、大会で場外に押し出され、結果として「減点」を取られた選手も見受けられました。  体が大きく手も長い外人選手の押しに対抗する技術の開発が急務です。  その際、三船十段の言われた「押さば回れ、引かば斜めに、と言いたい。  つまり、大事なことは円運動なんだ」ということばは大いに参考になるはずです。

(3)「練り上げ、精度を上げ、美しくしなければならない、と久蔵は思う。  よい技はすべからく美しいのだ。」について

約20年前、東中野で東京城西支部を再スタートさせましたが、その時の私の目標は「芸術的なチャンピオン」を育てることでした。  つまり、大山総裁の言われた「華麗なる組手」の体現者を城西から生み出すことです。  20年経った今もその目標は変わりません。  「よい技はすべからく美しく」、「よい選手の動きはすべからく華麗」です。

TOP↑

アイデアはどれも偉大

10月30日に配信されてきた公認会計士・藤間秋男先生のメルマガから抜粋し、番号を付けて紹介します。  タイトルは『アイデアはどれも偉大』です。

『①家族でアメリカへ移民してきた青年がいた。  青年は兄弟の繊維業を手伝った。  

②24歳、彼は新たなビジネスとして、毛布やテントを売る行商を始めた。  しかし、テントは売れ行きも悪く、在庫が山のように残った。  ふと気づくと、世の中にはゴールドラッシュが沸き起こり、一攫千金を狙う男たちが大勢集まっていた。  彼は男たちの作業ズボンの需要に目をつけた。  男達は激しい労働に耐え抜く、丈夫なズボンを必要としていたのだ。  売れ残ったテントの生地でつくったズボンは、一般的なズボンの10倍の値段で飛ぶように売れた。

③37歳、彼の会社は4階建てのビルに・・・彼は成功者の仲間入りをする。

④43歳、ある男から、ポケットを破れにくく工夫したブルージーンズを見せてもらった。  その男のアイデアはポケットに金属鋲を打ち付けて補強することにこだわった。  彼と男は、ポケットのアイデアを特許として申請。  そのブルージーンズを「オーバーオール」と名づけ、製造を始めた。  のちに会社の売上は20億ドルに達し、世界最大の既製服メーカーになった。

⑤彼の名は、リーバイ・ストラウス。

⑥57歳、彼はブルージーンズの頑丈な品質を最大のセールスポイントにしょうと考えた。  腰に「もし、このズボンが破れたら取り替えます」と記した革のラベルをつけたのだ。  このラベルには製品番号の「501」も記載された。  彼のアイデアは偉大なものだった。

⑦73歳で彼が亡くなった後、ブルージーンズは若者のシンボルとなった。

⑧130年以上もたった今も「リーバイス501」は世界で最も売れているジーンズである。

⑨アイデアはどれも偉大。  それを実行すれば・・・  アイデアがうまくいかなければ、変えてみればいい・・・  人生もうまくいかなければ、変えてみればいい。  あなたの人生は、成功するようにできているのだから・・・

(『情熱思考』是久昌信著)』

私が極真空手修業で一番大切にしていることは「創意工夫」、つまり「常にアイデアを生み出そうとする」ことです。  組手技術もトレーニング方法も創意工夫次第で素晴らしいものになりますし、創意工夫しなければありきたりの陳腐なものになってしまいます。  ありきたりの組手技術やトレーニング方法からは、ありきたりの選手しか生まれません。

TOP↑

第50回全日本大会・城西支部創立40周年パーティー

1.10月27・28日は第50回全日本大会でした。  チーム城西からは12名の選手が参加しました。  気付いたことを書いてみます。

①鎌田翔平(ゼッケン1番)・・・準優勝。  大会の3週間ほど前にふくらはぎの肉離れを起こし治療していたのですが、直前にまた痛めたようです。  そんな状態の中で良く戦ったと思います。  30歳を過ぎると疲労回復に時間がかかり、ケガをしがちです。  来年の世界大会に向けて、いかに休養を取るか、いかに質の高いトレーニングを短時間で行うか、ということを真剣に考えながら過ごしていく必要があります。

②奥山一石(ゼッケン12番)・・・1回戦で大黒力斗選手に本戦・判定負け。  最初は良かったのですが、中盤から大黒選手の打ち下ろしの突きをカットできず、大黒選手のペースになっていました。  そのため、自分のリズムを崩し、得意の最後のラッシュもかけることができませんでした。  来年のウェイト制大会に向けて、基本的な組手技術を磨くとともに、ウェイトトレーニングによるパワーアップが欠かせません。

③亘和孝(ゼッケン24番)・・・3回戦で南原健太選手に本戦・判定負け。  前回大会で安島喬平選手に負けた試合とほぼ同じ内容でした。  突きを打ちに行ったところに下段廻し蹴りを合わされるのですが、そのカットがまったくできていません。  体重差のある相手にそれをやると審判からは「多分効いているだろう」と見えてしまいます。  軽量の選手が自分より大きい選手と戦うには、効いているいないに関わらず、まず完璧な防御・カットが必要条件です。

④橋本拓人(ゼッケン36番)・・・1回戦でマタン・エリヤキム選手に本戦・判定負け。  全体として動きのバランスが悪いので、そこを突かれました。  鏡を見ながらのシャドートレーニングなどで修正する必要があります。  自分が攻撃したあとのバランスやガードなどについて、指導員に見てもらいながら細かくチェックしなければなりません。

⑤吉田篤志(ゼッケン43番)・・・2回戦で与座優貴選手に本戦・判定負け。  昨年函館支部から移籍後、若干低迷していましたが、徐々に良くなりつつあります。  くさることなく、素直に稽古に取り組んできた成果が出始めました。  技もパワーもスタミナもまだ十分に伸びる余地があるので、今後のハードトレーニングに期待します。

⑥竹岡拓哉(ゼッケン56番)・・・3回戦でアレハンドロ・ナヴァロ選手に延長戦・判定負け。  自分より大きい選手と戦うときの戦い方にもう一工夫が必要です。  また、どうしても顔面に蹴りをもらいがちなので、冷静さも必要です。  その辺が解決すれば、もともと地力はありますから、無差別大会での上位入賞も見えてくると思います。

⑦加賀健弘(ゼッケン73番)・・・3回戦でゴデルジ・カパナーゼ選手に本戦・判定負け。  竹岡同様、自分より大きい選手と戦うときの戦い方にもう一工夫が必要です。  かっての黒澤浩樹(第16回大会チャンピオン)のように、ウェイトトレ-ニングによる徹底した筋力アップに重点を置くのも、一つの考え方だと思います。  また亘同様、下段廻し蹴りのカットができていないので、原点に返って、組んで行う受け返し稽古の反復が必要です。  長年かかって付いた癖を直すのには、身に付くまでひたすら反復を繰り返すしかありません。  

⑧佐藤拓海(ゼッケン83番)・・・1回戦でアレクセイ・フェドシーブ選手に本戦・判定負け。  体重80㎏の割には蹴り突きともに威力が感じられません。  ウェイトトレーニングにより一層励むとともに、普段のサンドバックトレーニングなどにおいても、全力で攻撃することによる威力強化が必要です。

⑨吉村基(ゼッケン92番)・・・1回戦でムサ・スルタエフ選手に本戦・判定負け。  構えの腰が若干高いのが気にかかります。  意拳の稽古などを取り入れて、低い腰で自由に動き回れるようにする必要があります。  体格に恵まれているので、鍛え方によっては上位に食い込める可能性もあります。   今後のハードトレーニングに期待します。

⑩中川拓人(ゼッケン100番)・・・1回戦で勝美淳史選手に本戦・判定負け。  細かい受け返し・コンビネーションが出来ていません。  組手が相手との会話になっておらず、独りよがりな動きになっています。  パワーがあるので、その点が改善されれば、格段に良くなると思います。

⑪奥寺勇樹(ゼッケン105番)・・・2回戦で195cm98㎏のイゴール・ザガイノフ選手に延長戦・判定負け。  試合後に本人を呼んで話しましたが、突きの打ち合いを嫌うことが問題です。  蹴りを放つタイミングや間合い操作に光るものを持っているのですから、強い突きがあれば無差別大会での活躍も見えてきます。 接近戦での突きの打ち合いで手を出さなければ、相手にとってこれほど崩しやすいことはありません。  極真空手の鉄則である「ど突かれたらど突き返す」ことができないと、「ど突かれっぱなし」になってしまいます。 

⑫池田龍星(ゼッケン117番)・・・1回戦でイリヤ・ボリャコフ選手に本戦・判定負け。  組手の中で、バランスを崩したり崩されたりするような場面が多々見られました。 稽古を継続的に積むことによって、もっと体幹を鍛える必要があります。  技・パワー・スタミナともに足りません。  でも、逆に言えば延びしろが大きいことにもなります。  今後のハードトレーニングに期待します。 


2.東京城西支部創立40周年パーティー

大会翌日の10月29日は城西支部の創立40周年パーティーでした。  支部開設当初の古い弟子も多数参加し、私にとっては大変懐かしい同窓会のような会となりました。

花束を頂戴したのですが、プレゼンターが何と私の尊敬する北方謙三先生でした。  北方先生には掌道の菊澤院長を通じて古くからご厚誼を頂いています。  私や松井館長、城西の阿曽師範代と同じく中央大学の同窓で、私宛のサインが書かれたご著書も多数頂戴しています。  高名な小説家であるにも関わらず、偉そうな素振りをされることもなく、お目にかかるたびに聞かせていただくユーモアあふれるお話には、いつも魅了されます。  私にとっての師であり、憧れでもあります。

忙しい中参加していただいた松井館長、企画してくれた実行委員長の田口支部長をはじめとする城西0Bの支部長たち、同好会責任者の立川さん・司会の黒田さん・映像の岩橋さんをはじめとするフジテレビ同好会の皆さん、演武をしてくれた鴨志田・中江・村田・鈴木の各支部長、実行委員会アドバイザーの菊澤院長・実行委員の森善十朗・映像の成田さんをはじめとする城西支部の皆さん、城西の礎を作ってくれた大賀雅裕と増田章をはじめとする古い弟子たち、第50回全日本チャンピオンの上田幹雄をはじめとする孫弟子たち、遠くから参加してくれた大西靖人夫人のあんちゃんをはじめとする多数の出席者の皆さん、本当にありがとうございました。

10年後の創立50周年に向けて、お世話になった皆様への感謝を忘れず、一層精進していかなければと、改めて決意しました。

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT